体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

卵もバターも使わない!?美容と健康をつくる、女性に嬉しい「ロースイーツ」

150408_raw-sweet

過熱せず生のままで、あるいは極力生に近い状態(48℃以下で調理)で調理された食材を食べるローフード。海外セレブの新習慣として話題となるや、またたく間にブームは世界中へと広がりました。

これをそのままスイーツに応用したのが「ロースイーツ」です。火を使わずに混ぜるだけ、あとは型に入れて冷やすだけ。簡単に調理が出来てしかも低カロリー。女性に嬉しい自家製スイーツにこの春は大注目!

shutterstock_106107371

卵も小麦粉も乳製品も
使わないのがロースイーツ

一般的なお菓子づくりに使われる食材(卵、小麦粉、砂糖、乳製品など)をひとつも使うことなく、仕上げていきます。旬の果物やナッツをふんだんに取り入れて、非加熱で調理するのがロースイーツたるゆえん。

ローケーキ、ロークッキー、ローチョコレート、ローアイスクリーム。本来ならこれらに入っているはずの食材が入らない。では、どうやって代用をしているかというと・・・。

生クリームの代用品は
カシューナッツのペースト

ロースイーツの材料となるのはこれら。
まずは小麦の代用品。生のナッツ類や穀類、シード類を粒子状に挽いたものを使います。生クリームの替わりをするのは、生カシューナッツのペースト。砂糖だってテキーラの主原料ともなるアガベのシロップやメープルシロップ、デーツなどで代用できます。

もちろん、旬の果物やドライフルーツもたっぷり。ローカカオやバニラエクストラクト(バニラビーンズを直接酒類漬けたもの)が風味をプラスしてくれます。

この時季にぴったり
桜色のローチーズケーキ

たとえばこちらのチーズケーキの作り方。

生カシューナッツ:100g
水:110ml
アガベシロップ:50ml
ココナッツオイル:60ml
フローズドライ桜パウダー:大さじ1
バニラエクストラウト:小さじ1
キルシュワッサー:大さじ1
イチゴ:2粒
レモン汁:大さじ1
塩:少々

生カシューナッツを3時間じっくり水に浸す。ココナッツオイル以外の材料をブレンダーに入れて撹拌。ココナッツオイルを足してさらに撹拌。好みの型に流し込み冷蔵庫で5時間冷やせば出来あがり。

ローチョコレートムース

ローアイス

バナナローアイス

ロー抹茶トリュフ

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。