ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日焼け止め乳液に“プラス・ワン”。紫外線対策アイテム3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

春になり、お肌の大敵・紫外線も強くなってきた。今日は、いわゆる“日焼け止め乳液・クリーム”以外のアイテムに注目。二重・三重の対策をして、これからのシーズンに備えよう。

1.【お直しパウダー】「紫外線予報 UVプレストパウダー4+」(1,700円・税抜)
朝しっかり日焼け止めを塗ったにもかかわらず、汗で昼にはお化粧がドロドロに…、なんて時に使いたいのが、このプレストパウダー。メイクの上からどんなに重ねても、薄付きでふんわり軽い仕上がり。お直しパウダーなのにSPF50+PA++++なので、紫外線をしっかりカットしてくれる。4月9日より全国のプラザで先行発売予定。(http://www.ishizawa-lab.co.jp/newproducts/index.html)

2.【マスク】「フルシャットマスク(R) UVカット」(オープンプライス)
朝寝坊してノーメイクで仕事へ、なんて時にも大活躍しそうなのがこのマスク。UVカットに効果的な、酸化チタン含有フィルタを採用し、紫外線遮蔽率は98%以上、UPF50というスグレモノ。もちろんPM2.5や花粉、インフルエンザ対策にも。(http://www.vilene.co.jp/)

3.【傘】「晴雨兼用アシンメトリー折りたたみ傘」(3,980円・税抜)
いくら日焼け止め用の乳液を塗ったとしても、これからの季節。直射日光を遮るためにほしいのが傘。持ち運びを考えれば折りたたみがいいけれど、折りたたみでは小さくてカバーしてくれる範囲が少ない、とお嘆きの人にはこの商品を。この傘は、親骨の片側が最大10cm長くなっている、片面が広いアシンメトリーの変形デザインが特長。「黒Xシルバー」のモノトーン配色に、ピコレースの縁取りをプラスしたデザインもかわいい。「セシール」のリビングカタログ『Kurasuki 2015夏号』(暮らしがすきになる本2015Vol.2)およびセシールオンラインショップ(http://www.cecile.co.jp/)で、好評発売中。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP