ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小泉進次郎 ラグビー日本代表候補との交際、すでにピリオド

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《進次郎 ハーフ美女と熱愛か》──。4月3日発売の『日刊ゲンダイ』にこんな見出しが躍った。

“進さま”の愛称で親しまれ、将来の総理との呼び声も高い小泉進次郎議員(33才)。彼の恋模様が注目されていることは、同日発売の『FRIDAY』が同様に、同じ女性とのシティーホテルや赤坂の議員宿舎での密会情報があると伝えたことからも明らか。

 そして、本誌はこの報道の約2週間前、進次郎と同じく恋愛事情が注目されている兄・小泉孝太郎(36才)のデート現場を目撃していた。

 3月中旬のとある夜。孝太郎は、弟の進次郎のほか、宮沢りえ(42才)、大森南朋(43才)、尾上松也(30才)など有名人も多く通う都内の和風創作料理店のカウンターにいた。黒縁メガネに白いシャツ、薄いグレーのスラックス姿で、焼酎のグラスを傾ける孝太郎。その隣には、ひとりの女性が座っていた。身長160cmほどでグラマーなスタイルに、ぽってりした唇が印象的な川上麻衣子(49才)に似た和風美人だ。

「彼女は近くのバーに勤めているんですが、25才という年齢に似合わず落ち着いていて客の扱いもうまく、若くして店長を任されているんです。ふたりはよく一緒に食事にいく仲だそうですよ」(ふたりを知る人物)

 この日、酒を飲みながら店の看板メニュー・タイ風レモン鍋をつついていたふたり。

「おれはいつも初心を忘れないようにしてる」

 酒の入った孝太郎がそう熱く語り始めると、彼女は微笑みをたたえながらうなずいていた。さて、一方の進次郎。冒頭の“ハーフ美女”の正体はラグビーの日本代表候補で、ヘアメークアーティストとして活躍するA子さん(28才)だ。

「彼女はハーフではなく、カナダ人の父親と日本人とアメリカ人のハーフの母親をもつクオーターで、中学時代には双子の姉とともにドラマ出演したこともあります。彼女と進次郎はラグビーの育成行事を通して3年ほど前に知り合い、進次郎が猛アタックして交際をスタートさせたそうです」(芸能関係者)

 この女性との関係を問うFRIDAYの直撃に、進次郎は「いろんなかたと、ぼくは個別にお会いすることはあります」と否定しなかった。ところが、この恋にはすでにピリオドが打たれていた。

「将来の話がいつまで経っても進まないので、昨年交際を終わらせました。そして彼女は今年1月、未練を断ち切って別の男性と結婚したそうです」(前出・芸能関係者)

 以前にも進次郎は、地元・横須賀でカフェを経営していた杏(28才)似の美女と交際していたが、2009年に“当選失恋”。2012年には同じく横須賀のレジャー施設に勤務する女性と議員宿舎で一夜をともにしたと報じられたが、その後相手の女性が「一切連絡を取っていません」と関係を終わらせたことを告白していた。

 孝太郎も、2009年に銀座の高級クラブのホステスとの“週末同棲”が報じられ2012年には別の一般女性とのドライブデートをスクープされるなど恋多き男だが、いずれも進展はなかった。

※女性セブン2015年4月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小泉進次郎 幼いころ、家を出ていく母親を追って号泣した
小泉純一郎氏 絶縁状態の三男に「お父さん」と呼ばれはにかむ
離れ離れだった小泉元総理の三男 孝太郎・進次郎と絆深める

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP