ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スタンフォード大学にタダでいける!?年収1500万円以下の家庭の学生は、学費無料!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お金がなくても、才能さえあれば、一流大学に入れる!?

Elite Dailyの記事によると、アメリカのスタンフォード大学が、家庭の年収12万5000ドル(約1500万円)未満の学生の学費を、無料にするプログラムを発表した。

さらに6万5000ドル(約780万円)以下の場合は、寮や下宿代も無料になるとか。

この発表の中で、スタンフォード大学学長のジョン・エチェメンディ氏はこう述べている。

「私たちが最も優先すべきことは、スタンフォード大学に関わらず、才能のある学生が経済状況に左右されず入学できるチャンスを与えることです。」

低所得層の家庭に育ったことを理由に、良い大学に入れないということを変えたいと語る彼。今回の取り組みは、多くの家族や学生に希望を与えることになるだろう!

ちなみにこれは決して珍しい取り組みではなく、ハーバード大学やプリンストン大学ではすでに、所得に配慮したプログラムがいくつかあるようだ。海外の一流大学では、多額の寄付金が卒業生から寄与されていることも背景にある。

2014年のスタンフォード大学への寄付金は、187億ドル(約1兆9000億円)とも言われているほど。

日本でも、学費の無料化や奨学金の支給を打ち出している大学は増えているが、まだまだ少ない現状。グローバル化が進み、世界中の大学に入る機会も増えてきた。スタンフォード大学をはじめとした、海外の大学に挑戦してみてはいかがだろうか。

無料でハーバード講義を受ける!
「0円」で最先端の英語を勉強する方法

蛇足だが、海外の大学に挑戦してみようと思った人に、MOOCというサービスを紹介したい。「Massive Open Online Course」の略で、日本語では「大規模公開オンライン講座」と呼ばれている。2012年に米国で誕生した教育システムで、現在、世界中から注目を浴びている。(詳細はこちらの記事

MOOCは、ネットで無料公開されており、ハーバード大学やスタンフォード大学などのトップレベルの大学の講座を無料で受けられる。

ぜひ、この機会に試してみてはいかがだろうか?

Licensed material used with permission by elitedaily

関連記事リンク(外部サイト)

日本食の人気がすごい!2014年にNYでシェアされた「人気グルメTOP20」
最初のインパクトが大切!著名人のスピーチから学ぶ、プレゼンに大切な「8つのコト」
【4月4日】アメリカで撮影された「赤い満月・皆既月食」のタイムラプス映像に話題殺到

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP