体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「人間の平均寿命は200歳になる」孫正義が語った300年後のテクノロジー予想

150408_future-tech-after-300y

ソフトバンクの孫正義社長が、SoftBank World 2013で「世界へ挑む」と題して語った講演。そこで語られた「300年後の未来像」が、あまりにも壮大で、具体的でもあると話題になりました。

人間の脳を遥かに超える機能を持つ「脳型コンピューター」の登場や、平均寿命が200歳になる世界。まるでSFの世界ですが、当時話されていた具体的な事例が、実際に私たちの目の前に現れつつあります。様々な理論と、テクノロジーの進化の推移を元にして語られた「人類の未来」。もう一度彼の話をふりかえって見ましょう。

85singo_shutterstock_128984531

01.2018年、チップの性能が人間の脳を上回る
02.300年後、ロボットの創造力は人間を超える
03.平均寿命が200歳になる世界
04.30年後、通信速度が300万倍になると・・・

孫正義が語った
「300年後の未来像」

※2013年に行われたスピーチより一部抜粋。

私はちょうど3年前に「新30年ビジョン」というものを作りました。1回目に作ったのは、創業のとき。私が最初に行った朝礼、みかん箱に乗って朝礼をしましたが、社員は私以外に2人だけでした。

朝礼で30分ほどビジョンをしゃべったところ、2人とも目を見開いていました。「とんでもない会社にはいったぞ」と、2週間で2人とも辞めてしまいました。

長いビジョンを話すと社員がやめてしまうとトラウマになり、それからは胸に秘めて封印してきました。今、総業から30年経ったので、もう1度社員に問うてみようと思いました。

■30年後はどうなる?

85singo_shutterstock_230182939

最初は「これから30年先はどうなるんだろう?」と思いました。迷いがあるときは、もっと遠くを見ることで明らかに大きな流れがクリアになってきます。

はるかに先の300年後の人類の姿、社会、テクノロジーの進化を徹底して考えてみました。約1年かけて国内外の叡智を集めました。かいつまんで一部を申し上げます。

01.
2018年、チップの性能が
人間の脳機能を上回る

Marvell chip edge

ワンチップのコンピューターはトランジスタでできています。トランジスタがくっついたり離れたりして、電気が流れる。脳細胞もニューロンがくっついたか、離れたかによって、記憶をしたり、考えたりします。つまり2進法です。

脳細胞とコンピューターチップはまったく同じ理論で構成されています。そして、脳細胞の数は約30億個あり、2進法で考えるとその組み合わせは300億とおりになるわけです。

私は20年前に、これをワンチップに入ってるトランジスタの数にたとえたらどうなるだろうと考えました。その数が超えるのは何年だろうと計算したら、答えは2018年でした。

■ムーアの法則は機能していた

Computer Memory Hard Drive Disk HDD Storage Technology
1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。