ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャカルタの骨董通りでお気に入りの一品を探してみよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ジャカルタの中心部・高級住宅の立ち並ぶエリアの近くにあるスラバヤ通りは、多くの骨董品屋さんが並ぶアンティークマーケットとなっています。

300メートルほどの通りには幅2メートルもないような骨董品屋が所狭しと立ち並んでいます。扱っている品物もバラエティゆたか。

丁寧に手入れをされて未だに使えるアンティークの扇風機や、タイプライター、電話など、インテリアとして価値の高いものや、美しいシャンデリアや、銀食器など様々。レトロな蓄音機など映画の中でしか見た事のないようなレトロな品々がたくさん。

また、インドネシアならではの木工芸品や、バリ風のアクセサリーなどもあるので、お土産を探すのにもぴったり。

どの店も基本的に決まった価格はなく、お店のオーナーとの交渉次第です。地元の人によると、店主の言い値の30%くらいを目指すのが良いのだとか。

多くのお店の店主は、しつこくなくフレンドリーなので、何も買わずに色々物色して楽しむことも可能。まるでタイムスリップしたようなアンティークの品々を見て楽しんでみてはいかがでしょうか。

5バン12ゴウ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP