ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外文学作品を料理で楽しむ、味わう―—下北沢の本屋B&Bで『ひと皿の小説案内』イベント開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ディナ・フリード著、阿部公彦が監修・翻訳をつとめた『ひと皿の小説案内 主人公たちが食べた50の食事』の刊行を記念して、下北沢の本屋B&Bでトークイベントが開催される。

『不思議の国のアリス』や『ガリヴァー旅行記』、『グレート・ギャツビー』など古典から現代ものまで海外小説の50篇に登場する、印象深い食事シーンにスポットを当て、写真と解説で構成されている本書。

イベントでは、監修・翻訳をつとめた阿部公彦と、食について造詣の深いエッセイスト・小説家の石田千が登場。
さらに、下北沢のカフェ「tag café」が、『ひと皿の小説』とコラボレーションし、本の中に登場する食事の中から、「チキンスープ・ライスいり ―12のつきのほん」と「まぬけ同盟」(ホットドッグ)のレシピを再現し、来場者へ振る舞う。

海外文学好きや料理好き、写真付きはチェックしてみては。

■イベントタイトル
「聞いて、見て、食べて美味しい小説案内」
『ひと皿の小説案内 主人公たちが食べた50の食事』刊行記念
■出演 _阿部公彦(英米文学者、東京大学准教授)
石田千(エッセイスト、小説家)
料理提供:tag café
■日時_ 4月10日(金) 20:00~22:00 (19:30開場)
■場所 _ 本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
■入場料 _ 1500yen + 1 drink order
■チケット申し込みフォーム:http://bookandbeer.com/blog/event/20150410_hitosarasyosetsu/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP