体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『Zアイランド』品川ヒロシ監督・哀川翔さん・宮川大輔さんインタビュー 「ヤクザがゾンビと戦うんだよ!? 観に行くしかないじゃん!」

IMG_3130

3月25日から29日まで開催された『島ぜんぶでおーきな祭 -第7回沖縄国際映画祭-』。会期中には、監督・品川ヒロシさん、主演・哀川翔さんの映画『Zアイランド』(5月16日公開)が特別招待作品として上映され、舞台挨拶やレッドカーペットに監督・キャストが豪華集結しました。

Zアイランド_レッドカーペット

ガジェット通信は、品川ヒロシ監督哀川翔さん、そして劇中で重要な役どころを務めた宮川大輔さんにインタビューを実施。映画の魅力をたっぷりと語っていただきました!

<ストーリー>
宗形組組長・宗形(哀川翔)は竹下組との抗争で傷を負い、組は解散に追い込まれた。10年後、服役していた弟分らと共に、ひょんなことから銭荷島(ぜにじま)へと向かう宗形。一方、竹下組の面々(木村祐一・大悟・川島邦裕・中野英雄)も、組のクスリを盗んで逃亡した組員・吉田あきら(宮川大輔)を追って島へと向かっていた。吉田は独自に調合したクスリを打ち、謎の発作に襲われて命を落とす。が‼ 絶命したはずの吉田が突如よみがえり、“Z”化! 超人的な力で次々と島民を襲いはじめ、爆発的に感染者が増加していく。宗形らの敵は、竹下組か? “Z”か!? 果たして彼らの運命はいかに―。命を賭けた闘いが今はじまる。

Zアイランド_レッドカーペット

――哀川さんの芸能生活30周年記念映画とのことですが、ご自身で品川さんに監督を依頼したそうですね。

哀川:30周年と言っても、自分から発信しないと誰も気づいてくれないんだよね。たまたま品川の『サンブンノイチ』に出演させてもらって、チャンスだと思って「撮ってくんない?」って軽くジャブを打ったわけ。

品川:寝耳に水でしたよ。

哀川:そしたらまともに話を聞いてくれたから、口説くなら今しかないと思ってパンチを畳みかけたよね(笑)。

品川:個人的には即答でOKでしたけど、あとは大人の事情をいろいろと整理して、脚本自体は1か月くらいで書き上げました。

――ゾンビvsヤクザという発想はもともとあったのでしょうか?

品川:10年くらい前から、それこそ『ドロップ』を撮る前には構想があったんですけど、なかなか企画が通らなくて。だから翔さんの30周年と聞いて、自分もこれを利用してやろうと(笑)。翔さんの奥さんが事務所の社長なので、直談判しました。

哀川:30周年の映画は“感動系のヒューマンドラマ”が良いって言われてたんだけど、「俺もゾンビとヤクザがやりたい。最高じゃん!」って。でもこの映画は、Vシネマやホラーコメディの楽しみだけじゃなくて、ちゃんとヒューマンの要素もあるわけ。あとは“品川ワールド”とも言える会話の応酬もあって、娯楽の王道だよね。

宮川:ゾンビ映画っていうと敬遠しがちな人もいると思いますけど、いろんな要素があるエンターテインメントなんで、食わず嫌いせずに観て欲しいですよね。

――キャラクターはキャスティングを意識したあて書きだったんですか?

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。