体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Nao Yoshioka、6月にブルーノート東京にてニューアルバムのリリースパーティを開催

アポロシアターのアマチュアナイトで準優勝し、日本人シンガーとして初のトップドッグまで進出した実力派逆輸入シンガーのNao Yoshioka。4月8日(水)に発売となった2ndアルバム『Rising』、『Rising(タワーレコード限定盤)』のリリースパーティーが、6月11日(木)にブルーノート東京にて開催されることが発表となった。

Nao Yoshioka  (okmusic UP's)

Nao Yoshiokaは音楽の本場ニューヨークのアポロシアターで行われるアマチュアナイトで準優勝、日本人シンガーとしては異例のトップドッグまで勝ち上がった他、40,000人が参加するアメリカ最大級のゴスペルフェストで6人のファイナリストに選出された世界標準の実力派シンガー。2013年にリリースしたデビュー作『The Light』は4月28日に全米リリースが決定し、4月24日にはニューヨークの名門ライブハウス「B.B. King Blues Club & Grill」でのリリースパーティを控えるなど、まさに世界が注目をしている。

そんなNao Yoshiokaが今回発表した2ndアルバム『Rising』は彼女にとってのメジャーデビュー作。制作は30カ国以上のアーティストやマネージメントオフィスとのコネクションを有するソウル専門レーベルSWEET SOUL RECORDSが行い、日本、オランダ、アメリカの3カ国4都市でのレコーディングを経て完成したワールドワイドな作品となっている。

全編英語の世界標準にこだわって行われた楽曲制作には、ホイットニー・ヒューストンやビヨンセなどへの楽曲提供で知られるグラミー賞受賞作家ゴードン・チェンバースやオランダの“ネオ・アレサ・フランクリン”とも呼ばれる人気ソウルシンガーのシャーマ・ラーズ、“マーヴィン・ゲイの再来”と呼ばれるアメリカ期待の新星ブライアン・オウエンズなどが参加。日本音楽界のニュースタンダードと言える渾身の作品に仕上がった。ゴードン・チェンバースが楽曲提供を行ったリード曲「Dreams」はKiss FM KOBE、FM NORTH WAVEでヘビロテを獲得するなど既に大きな注目を集めている。

また、同日に発売される『Rising(タワーレコード限定盤)』は、通常盤には収録されなかった楽曲が2曲追加収録され、ジャケットも異なる特別仕様盤! 是非、こちらも併せてチェックしてもらいたい。

そして、日本屈指のライブハウスとして海外からトップアーティストが連日来日公演を行うブルーノート東京にて、6月11日(木)に開催される『Rising』のリリースパーティだが、同会場は2014年5月以来2度目の出演となり、今回は自身初となる単独公演となる。バンドはアメリカと日本のトッププレイヤーの混成メンバーで構成され、人種や国境の壁を越えたピュアで上質な音楽が楽しめること請け合いだ。チケット発売はJam Session会員が4月22日(水)、一般発売が4月29日(水)を予定している。

【リリースパーティ詳細】
6月11日(木) ブルーノート東京(東京都港区南青山6-3-16 ライカビル)
[1st] 17:30 Open / 19:00 Start 
[2nd] 20:45 Open / 21:30 Start
■予約:http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/nao-yoshioka/
※公演内容はやむを得ない理由により変更になる可能性がございます。

【インストアライブ情報】
4月19日(日) TOWER RECORDS 渋谷店
5月09日(土) TOWER RECORDS梅田NU茶屋町店
5月10日(日) TOWER RECORDS 横浜ビブレ店
5月16日(土) TOWER RECORDS 新宿店
※その他にも予定中

アルバム『Rising』
2015年4月8日(水)発売
YCCW-10259/¥2,700+税
<収録曲>
01.Love Is the Answer
02.Just Go
03.LIVE
04.Joy
05.I’m No Angel
06.Rock Steady
07.Turning
08.Never Had Love Like This
09.Nobody
10.Awake
11.Dreams
12.I Need You
13.Forget about It

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。