ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モルディブ政府が発表した「世界最大の浮島計画」。温暖化による海面上昇に新たな一手。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インド洋に浮かぶ、大小約1,200の島々から成り立つモルディブ共和国(通称モルディブ)。コバルトブルーの海に浮かぶ珊瑚礁の楽園は、「何もしない贅沢」を堪能できる場所として、とくにハネムーナーに人気の高いリゾート地。

また、時間を忘れて熱帯の魚たちと戯れる、シュノーケリングやダイビングのメッカとしても、人々を魅了して止まない観光スポットです。

さてそのモルディブ、意外に知られていないことですが、海抜がわずかに平均1.5m、高いところでも2.4mしかない平坦な地形。
それゆえ、地球温暖化の影響で近年、国土が消滅する危機にさらされています。海面が1m上昇するだけで、国土の80%が海に沈むという予測されるほどに、事態は深刻さを増しています。

そんな状況下にあるモルディブ政府が、昨年、海面上昇対策として、ある画期的な施策を打ち立てました。

水上建築専門のオランダ企業「Dutch Docklands」と合弁で、レストランからショップ、スパ、ダイビングセンターなどを兼ね備えた、世界最大の浮島を建設する計画を進めているというのです。

Dutch Docklands社は、ドバイの海上に300以上の人工的な住宅地を集結させた人工島郡プロジェクト「The World」の成功で、世界的に注目を集めた建築デザインカンパニー。
その技術を応用して、モルディブの海でも人工島による浮島プロジェクトがスタートしました。

浮島はそれぞれケーブルで海底に固定され、暴風雨をともなうサイクロンが襲っても、漂流しない工夫が施されています。ひとつひとつを小さな浮島とすることで、海底生物への影響も最小限におさえることができるとDutch Docklandsは自身を覗かせています。

このほか、モルディブ国民専用の海上住宅地の開発も将来的に予定しているそう。

迫りくる海面上昇の危機に備えて、先手を打つかたちとなったモルディブの浮島プロジェクト。地球温暖化への次なる一手として、国土が水没の危機にある他の国々に向けて、モルディブが新たな道しるべを標すことになるかもしれません。

Licensed material used with permission by Dutch Docklands

関連記事リンク(外部サイト)

「毎日100頭の象が人間によって殺されていることを知っていますか?」 ドローン技術で密猟から守る「Air Shepherd」 プロジェクト
次世代送電網を使って、電気をシェアできる新しい仕組みがアメリカで話題!
「教室は橋の下」インドでは1200万人の子どもたちが、学校に通えない現実を知っていますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP