ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NMB48、総合でもSKE48を押さえビルボード首位

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
NMB48、総合でもSKE48を押さえビルボード首位

 注目のSKE48とNMB48の直接対決となった当週。すでに速報で報じたように、会場販売を含まない推定売上枚数ではNMB48が1位を勝ち取り、総合でもフィジカル2指標で獲得したポイント差を守り、Billboard JAPAN Hot100首位となった。

 とはいえ、両アーティストの各指標の順位をみてみると、NMB48「Don’t look back!」は、エアプレイ38位、セールス1位、ダウンロード24位、ルックアップ1位、ツイッター4位で、一方のSKE48「コケティッシュ渋滞中」は、エアプレイ29位、セールス2位、ダウンロード22位、ルックアップ3位、ツイッター4位と、激しいトップ争いだったことがよく分かる。

 アルバム・セールスで圧巻の首位に立ったサザンオールスターズ。リード曲「アロエ」が順位を上げ総合3位に浮上。エアプレイ1位、ダウンロード15位、ツイッター34位と、エアプレイでは前週に引き続き1位、他2指標でも順位を上げた。

 エアプレイ3位とラジオで高ポイントを上げ、ケツメイシ「さくら」が総合10位にジャンプアップ。ダウンロードとツイッターでも14位と、10年前にリリースされた楽曲が桜満開の季節に合わせ返り咲きを果たした。10位圏外では、ナオト・インティライミ「いつかきっと」が、エアプレイ19位、ダウンロード3位、ツイッター25位で総合13位に初登場。次週のパッケージ発売によるチャート・アクションに注目だ。また5月発売予定の嵐「青空の下、キミのとなり」がツイッター1位で早くも総合25位に初登場、2月発売の前作「Sakura」がルックアップで2位を守るなか、注目度は引き続き非常に高い。

◎【Billboard JAPAN Hot100】トップ20
1位「Don’t look back!」NMB48
2位「コケティッシュ渋滞中」SKE48
3位「アロエ」サザンオールスターズ
4位「九尾」己龍
5位「Kiss魂」Kis-My-Ft2
6位「何度でも花が咲くように私を生きよう」福山雅治
7位「命は美しい」乃木坂46
8位「愛唄~since 2007~」whiteeeen
9位「あなたに恋をしてみました」chay
10位「さくら」ケツメイシ
11位「Happy×2 Days」CANDY ISLAND
12位「R.Y.U.S.E.I.」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
13位「いつかきっと」ナオト・インティライミ
14位「サクラミチ」東方神起
15位「あったかいんだからぁ♪」クマムシ
16位「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」マーク・ロンソン
17位「The Middle Management~女性中間管理職~」℃-ute
18位「ぼくの憂鬱と不機嫌な彼女」AAA
19位「バイリンガール」go!go!vanillas
20位「好きだって言えなくて」田村ゆかり

関連記事リンク(外部サイト)

4月13日付 Billboard JAPAN Hot100
名古屋 VS 大阪! SKE48とNMB48の直接対決、ビルボード週間シングルチャートの結果は?
『AKB48全国ツアー2014 あなたがいてくれるから。~残り27都道府県で会いましょう~』ダイジェスト映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。