ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメ『君嘘』クラシックコンピ、2アイテム同時、2週連続で上位チャートイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、アニメ『四月は君の嘘』のクラシック・コンピレーションアルバム第2弾『四月は君の嘘 トゥインクル リトルスター』が、先週に引き続き第1位を獲得した。

 第1弾では未収録だったアニメ使用楽曲をはじめ、ノベライズ『四月は君の嘘 6人のエチュード』で登場する楽曲も収録したスピンオフ的な1枚となっており、演奏にはアニメのモデルアーティストであるヴァイオリニスト篠原悠那、ピアニスト阪田和樹が参加している。アニメ終了と原作漫画連載終了を同時期に迎え、4月5日には「フィナーレイベント」が大々的に行われたが、各地でのクラシック・コンサートの好評を受け、引き続き5月までは全国での追加公演が予定されており、更に8月には再度東京公演が行われることも決定。まだまだその人気振りは衰えそうにない。前週同様、第3位に第一弾の『四月は君の嘘 僕と君との音楽帳』も同時チャートイン。今週で遂に19週連続のチャートインとなった。

 2位には、専業歌手として初めて採用された自衛官、海上自衛隊東京音楽隊3等海曹 三宅由佳莉による待望のセカンド・アルバム『希望 Songs for Tomorrow』が4週連続のチャートインとなった。「希望」というアルバムテーマから、三宅自身が半年をかけて作詞して収録されたオリジナル曲「旅立ちの日に」が聴き所のひとつだ。更にファーストアルバム『祈り 未来への歌声』も14位に同時チャートイン。こちらは去年の発売から59回目を数えるチャートインとなり、衰えぬ人気振りを見せる結果となった。

関連記事リンク(外部サイト)

4月13日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
プレトニョフが認めたピアニスト、松田華音がリリース記念リサイタルを開催
東京・春・音楽祭、残すところ あと1週間

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。