ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AKB48松井咲子 欧州に留学するならFXでユーロを買うと安心

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 AKB48・松井咲子が、1年間にわたってFX(外国為替証拠金取引)を学ぶシリーズがスタート。先生はソフトな語り口で難しい内容を分かりやすく解説することで知られる、セントラル短資FX代表取締役社長・松田邦夫さん。FXのわかりやすい活用法を聞いた。

 * * *
松田:松井さんは音楽大学でピアノを専攻されていますよね。

松井:はい。

松田:お友だちには留学をする人も多いのではないですか。

松井:珍しくはありません。

松田:留学にはかなりの資金が必要になりますよね。例えば、ヨーロッパに留学するには現地の通貨であるユーロが必要になりますが、日本で留学資金を貯めているうちにユーロが値上がりしてしまうと、念願の留学ができなくなる恐れもあります。

松井:円が安くなって、留学先で困っているという話はよく聞きます。松田 留学を決めたときからFXでユーロを買っておけば、値上がりした分はカバーできるので、ユーロ相場の動向に振り回されることはなくなります。

 もちろん、逆にユーロが値下がりしたときは、あとでユーロを買った方がお得だったということにはなりますが、何といってもいちばん大事な目的である留学を実現させるためにあらかじめ外貨を買っておくことは、経済的にも、精神衛生の面でも非常に有意義だと思います(笑)。

松井:FXには、そんな身近な活用法があるんですね。海外で高価な楽器を買う人も結構いるので、そういう準備のためにもFXは使えそうですね。

松田:特に、現在はアベノミクスの影響などによって、為替相場で円安が進み、相場の変動も大きくなっています。FXが持つ、外貨の値上がりリスクなどをヘッジする機能は、多くの人に注目いただいてよいのではないかと考えています。

※マネーポスト2015年春号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「ヤバい時はスイス・フランを買え!」の根拠とは?
トランプ税、うさぎ税、窓税 日本に過去存在した奇妙な税金
今年後半の為替 1ドル=76~86円、1ユーロ=90~110円か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP