ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2015年4月)、Lollipop 5.1は初登場0.4%、KitKatがJelly Beanを抜きシェアトップに立つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android Developers の公式サイトで 2015 年 4 月 6 日までの 7 日間にわたる Android のバージョン別シェアの統計データを公開しました。OS バージョン別のシェア(括弧内は前回)は、1 位が KitKat 41.4%(↑40.9%)、2 位が Jelly Bean 40.7%(↓42.6%)、3 位が Gingerbread 6.4%(↓6.9%)、4 位が Ice Cream Sandwich 5.7%(↓5.9%)、5 位が Lollipop 5.4%(↑3.3%)、6 位が Froyo 0.4%(→ 0.4%)という結果。今回の統計データから Android 5.1(Lollipop)がカウントされるようになり。初登場のシェアは 0.4% でした。シェアは低いものの、3 月にリリースされたばかりのバージョンにしては、このシェアは意外に高いと言えると思います。そして、ついに KitKat が長らくシェアトップだった Jelly Bean を抜きました。Jelly Bean のシェアが下がっただけではなく、KitKat のシェアが上がったことで逆転しました。ただ、Lollipo の普及が本格化してきた中での出来事なので、KitKat のシェア上昇は次回あるいは次々回で止まると予想されます。Source : Android Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、デュアルエッジスクリーンの「Galaxy S6 edge SCV31」を発表、4月23日に発売
Xperia用のアップデートチェックツール「XperiFirm」はv4.xでどのフォルダからでも起動可能に
Huawei P8 / P8 Liteのレンダリング画像が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP