ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

羽生結弦の中国でのあだ名は「二郎」 ラーメンとは関係ない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国・上海で3月23~29日に開催されたフィギュアスケート世界選手権大会。日本の羽生結弦選手(20)は残念ながら連覇を逃して2位に終わったが、中国での羽生人気は相変わらずもの凄いのである。

 羽生の中国でのニックネームは「二郎」だという。

 もちろんラーメン屋とは何の関係もない。香港出身の有名小説家・梁羽生の作品に出てくる登場人物「顕聖二郎真君」から転じての愛称だとか。

 中国女性ファンは、熱狂的なだけあって敵に回すと恐ろしい。フィギュアスケートに詳しいライターがいう。

「2014年のソチ五輪で羽生選手が金メダルを獲った直後、韓国の女子フィギュア選手・郭珉整(21)が、自分のSNSに“羽生、金メダルおめでとう!”というメッセージとともに頬を寄せ合いベッドに腰掛ける“ニャンニャン写真”を自ら公開した。

 郭は羽生選手のコーチであるブライアン・オーサーに師事していたから友だち付き合いもあったが、アップ直後から“売名だ!”“下品な女だ”などと猛批判を浴びてネットは大炎上。

 郭は結局画像を削除することになったが、一番猛烈な書き込み攻撃をしたのが中国人ファンだといわれている」

 今はプリンスでも、もし羽生が「熱愛発覚」ということになれば、かわいさ余って憎さ100倍となるかもしれない。順調な競技人生を送るには、彼女は作らないほうがいいのかも。

※週刊ポスト2015年4月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
羽生結弦ファンになった愛子さま「写真ほしい」と友人に相談
荒川静香がフィギュアの採点法や靴問題、振付師等を語った本
羽生結弦 恋人との噂ある今井遥との共演にファンヤキモキ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP