体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【名作映像案内】第20回 「死して屍拾う者なし!」23年ぶりに復活した『大江戸捜査網2015』

 2015年1月2日、テレビ東京で毎年恒例の新春ワイド時代劇が放送されました。2015年の作品は『大江戸捜査網2015』。往年の長寿番組の新作です。 

【関連:第19回 武田信玄VS上杉謙信 その激闘の歴史!!】

イメージ

<『大江戸捜査網』の概要>
 『大江戸捜査網』の第1作は1970年に日活制作、杉良太郎主演で放送開始。その後、中断する時期もありましたが、1992年まで全713話及び劇場版が放送・公開されました。 
その間、主演俳優は杉良太郎→里見浩太朗→松方弘樹→並樹史朗→橋爪淳の順に交代。制作会社も、日活の経営が傾いた(拙文『ゴジラ60年の歴史を振り返る 第4回』第9章参照)ため三船プロダクションやその他の会社に交代しています。 
 『大江戸捜査網』のストーリーは、時の老中松平定信が組織した隠密同心が悪事を捜査し、成敗するというものです。 
 松平定信は隠密同心のリーダーの上司なので、隠密同心の立場を現代の企業に例えると松平定信は部長ということになりましょうか。 
 但し、橋爪淳主演バージョンの第1シリーズでは松平定信が隠密同心を直接指揮しています。 

<『大江戸捜査網』の特徴>
 『大江戸捜査網』は、以下の4つの点が有名です。 

 まず、玉木宏樹が作曲したリズミカルなテーマ曲。特に軽快且つ雄大なホルンの音色は血湧き肉躍ります。

2つ目は黒沢良によるオープニングナレーションです。22年間で文言が何回も変わっているのですが、ここでは最も長い期間使用されたバージョンをご紹介します。 
「隠密同心!それは、旗本寄合席内藤勘解由に命を預け、人知れず人生の裏道を歩かねばならぬ宿命を自らに求めた者達である。極悪非道の悪に虐げられ、苛酷な法の冷たさに泣く、大江戸八百八町の人々を或る時は助け、励まし、また或る時は影のように支える彼等。だが、身をやつし姿を変えて敢然と悪に挑む隠密同心に、明日という日はない!」 

3つ目は、隠密同心が敵のアジトに向かって出陣する時に黒沢良が語ったナレーションです。 
「隠密同心心得之條 
我が命我がものと思わず、武門之儀、あくまで陰にて、己の器量伏し、御下命如何にても果す可し。尚、死して屍拾う者なし、死して屍拾う者なし」 
(最後のフレーズを3回繰り返す時もある) 
 これは制作会社が三船プロになってから導入されたもので、回によって全く映像表現が異なり、見せ場の1つとなっています。それにしても、よくあれだけ多種多様な映像表現が思いついたものだと感心してしまいます。このナレーションのシーンだけを抽出したMADを作ったら、さぞや壮観でありましょう。 

4つ目は、戦闘シーン直前に隠密同心が名を名乗るシーンです。 
主人公「隠密同心、誰々!」 
瑳川哲朗「同じく、井坂十蔵!」 
くノ一「同じく、誰々!」 
といった具合です。 

<『大江戸捜査網』の配役>

 ところで、里見浩太朗は『大江戸捜査網』に主演していた頃、同時に『ナショナル劇場 水戸黄門』で助さんを演じていました。『大江戸捜査網』は東京世田谷の三船プロ、『水戸黄門』は京都太秦の東映京都撮影所で撮影されたので、里見は1週間の半分を東京で過ごし、半分を京都で過ごしたそうです。 
 因みに里見時代の『大江戸捜査網』に隠密同心の1人としてレギュラー出演した山口いづみは、後に『水戸黄門』で里見演じる助さんの妻・志乃の役になりました。 

 さて、23年ぶりに復活した『大江戸捜査網2015』に登場する隠密同心は、1970年から1992年までに登場した隠密同心の中から、放送年に関わらず幅広くピックアップしたものとなっています。 

○登場人物名…俳優(オリジナルで演じた俳優) 
十文字小弥太…高橋克典(杉良太郎) 
秋草新十郎…松岡昌宏(京本政樹) 
稲妻お竜…藤原紀香(土田早苗) 
不知火お吉…夏菜(江崎英子) 
榊原長庵…柄本時生(橋幸夫) 
井坂十蔵…村上弘明(瑳川哲朗) 
内藤勘解由…里見浩太朗(中村竹弥) 

 上記の他、老中松平定信(演・加藤雅也)やそのライバルで前老中の田沼意次(演・瑳川哲朗)、その他実在の人物である平賀源内(演・小林稔侍)らが登場しています。 
 また、本作は以前のシリーズとは異なり、京都太秦にある東映京都撮影所で撮影されました。そのため、以前のシリーズとは異なり、福本清三、峰蘭太郎、白井滋郎ら東映剣会のメンバー・OBが出演しています。制作会社がコロコロ変わる『大江戸捜査網』の伝統を或る意味で継承していると言えます。 

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy