ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、Samsungの最新フラッグシップ「Galaxy S6 SC-05G」と「Galaxy S6 edge SC-04G」を発表、4月23日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモは 4 月 8 日、Samsung の最新フラッグシップスマートフォン「Galaxy S6 SC-05G」と「Galaxy S6 edge SC-04G」を 4 月 23 日に発売すると正式に発表しました。なお、本日より全国のドコモショップ等で予約受付が開始されています。基本的にはグローバルモデルをベースに、NOTTV(SC-04G のみ)やおサイフケータイ(FeliCa 非対応)、ワンセグ、フルセグ(SC-04G のみ)、下り最大 225Mbps の「Premium 4G」、VoLTE、ドコモサービスに対応させたカスタマイズバージョンで、Galaxy S6 は 3GB RAM / 32GB ROM、Galaxy S6 edge は3GB RAM / 64GB ROM のそれぞれシングルモデルとして投入されます。Galaxy S6 は直接的な Galaxy S5 の後継で、Galaxy S6 edge は Galaxy S6 をベースに、左右の側面にまで表示領域が拡大したデュアルエッジスクリーン搭載モデルになります。型番の割り当て方からすると、ドコモは Galaxy S6 edge を推している模様。両端末のスペックに大きな違いはありませんが、Galaxy S6 の方は、内蔵ストレージの容量が 32GB だったり、NOTTV や フルセグに対応していないので、価格的には Galaxy S6 edge よりも安いと予想されます。Galaxy S6 / S6 edge で注目されるのは筐体デザインを刷新したところです。従来モデルの物理式のホームボタンやタッチセンサー式のナビゲーションボタンを持つ構造は変わっていませんが、シャシーとフレームを金属素材の一体型構造に変更したほか、前面だけではなく、背面にも強化ガラスパネル(ゴリラガラス 4)を取り付けるなど、外観や質感を大きく変えています。バッテリーは内蔵型になりました。Micro SD カードスロットもありません。筐体サイズは、Galaxy S6 が 143.4 x 70.5 x 6.8mm / 138g、Galaxy S6 edge が 142.1 x 70.1 x 7.0mm / 132g。Galaxy S5 よりもスリムで軽くなりました。Galaxy S6 / S6 edge の基本スペックは、5.1 インチ 2,560 x 1,440 ピクセル(WQHD、577ppi)の Super AMOLED ディスプレイ、Exynos 7 Octa(2.3GHz クアッドコア + 1.5GHzクアッドコア)、背面に 1,600 万画素カメラ(F/1.9 レンズ、光学手ブレ補正)、前面に 500 万画素カメラ(F/1.9 レンズ)、2,550mAh(S6) / 2,600mAh(S6 edge)バッテリーを搭載。ワイヤレス信機能は、Wi-Fi a/b/g/n/ac(2X2 MIMO)、Bluetooth v4.1(apt-x 対応)、NFC、Wi-Fi Direct、ダウンロードブースター(ハイブリッドダウンロード)、DLNA、LTE-Advanced(Category 6)などに対応。LTE は TDD 方式や 700 MHz 帯もサポートしています。このほか、センサー類に加速度、ジャイロスコープ、デジタルコンパス、近接、ライト、気圧、心拍を搭載。指紋センサーはスワイプ式からタッチ式に変更されました。また、両機種とも WPC Qi 1.1 規格と PMA 1.0 規格のワイヤレス充電を標準でサポートした「おくだけ充電」対応です。さらに、Galaxy S5 よりも 1.5 倍のスピードで充電できる急速充電機能も搭載。40% の使用量を 10 分で充電できるそうです。Source : NTT ドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
Twitter、引用ツイートでコメントできる文字数を116字に、Android版にも近いうちに提供
LG、「G4」のアンバサダープログラムを日本を含む世界15か国で実施
ウォーリー& Friends! : “ウォーリーをさがせ!”のAndroid向け物探しゲーム

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP