ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コロンビア産カカオにこだわった生チョコ専門店が湘南・鎌倉にオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日本の生チョコの発祥のお店「SILSMARIA(シルスマリア)」運営、株式会社シルスマリアが、湘南・鎌倉小町通りにコロンビア産の良質なカカオをあつかった生チョコレート専門店「ca ca o(カカオ)」を本年4月25日(土)にオープンする。

良質なチョコレートをギフトではなく、日々カカオを作っている生産者と、その食べてとなる方々へ日常的に楽しみ、食べてもらいたいというメッセージをこめ、多くの方にふれていただける立地を選択し、出店する。

コロンビア産のチョコレートの特徴はスパイス、果実、熱帯の花々、ナッツ、麦芽を思わせる独特のアロマ風味を持っているところ。収穫する地方の風土により味と香りが違うのも特徴のひとつ。

提供されるのは「生チョコタルト」(250円)「cacaoエクレア」(350円)をはじめ、「小町通りの石畳(生チョコ)」「cacaron(カカロン)」(200円)「かまくら生チョコ大福」「生チョコぷりん」(300円)。

また、チョコレート商品の他にコーヒーハンターと呼ばれ、世界各地を飛び回り、上質なコーヒーの仕入れと提供を行う「ミカフェート」川島良彰氏の協力を得て、特別にショップでは、川島氏監修のコーヒーも用意される。

本格的なチョコレートを楽しみに、鎌倉の新店を訪れてみよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。