ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新入社員向け「○か条」が次々登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫


4月1日から新年度が始まり、初々しい新入社員の姿が街に溢れる季節だ。ネットには、そんな彼らに向けた「社会人としての心得」を説いたブログ記事が続々と登場し、多くの共感を集めている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

まず4月4日、「この春就職した人へ。仕事をする上で大切な9つのこと。」というブログ記事が公開された。こちらは自称“灰色のスーツを着て〇年のおじさん”によって投稿されたもので、

「カンパニー(company)の語源は“ともにパンを食べる仲間”です。(中略)会社は会社、プライベートはプライベート、と割り切ってしまうということは人生の大部分を割り切る事になってしまいます。会社の仲間とは仲良くしておいた方が良いです」

といったアドバイスのほか、「人には良くしよう」「全ての仕事は“体が資本”」「自分を犠牲にするな!」など、会社員としての心持ちを説いた9か条を提示した。この記事に対し、ツイッターには、

「今年就職じゃなくても、これから社会にでる人、社会人数年目の人も、読むと少し心が落ち着くのではないかと思う文章」
「社会人になる時読んでおきたかった」
「大切なことばかりでした 本当に」
「1年生だけでなく、5年生でも10年選手でも読んでみてほしいなあ」

など、多くの現役社会人から賛同の声が寄せられている。

一方、これとは別の視点から社会人の心得を説いたのが、4月5日に投稿された「この春就職した社畜予備軍のみんなへ。仕事をする上で本当に大切な7つのこと。」というブログ記事だ。こちらは、「ドロドロして生々しい知識」を説くもので、

「どんなに優良でホワイトな企業に就職しても、上司がクソであったならば、その会社はクソに等しい。会社人生において、上司というのはとてつもなく大きな存在なのである」

といったアドバイスのほか、

「会社には仕事をしていない人がいる」
「年収の高さと能力は(そんなに)比例しない」
「タバコを吸うと他部署の知り合いが6割増える」

など、“社畜”として生き抜くための7つのポイントをピックアップ。会社の裏側を説いたものとなっている。これにもツイッターでは、

「一般的な社会、あるいは会社について的確にいい得ている気がします」
「否定できないことが多々」
「面白いですね。ほぼその通りw」

と、こちらも同意の声が寄せられている。確かに綺麗事だけでは、会社生活は乗り切れないのは否めない。いわば“オモテ”と“ウラ”の2つのブログ記事は、いずれも多くの賛同を得ており、清濁併せ呑む形でこれらを参考にすれば、社会人としてまずは順調なスタートが切れそうだ。
(R25編集部)

新入社員向け「○か条」が次々登場はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

新社会人へ。先輩達のリアルな助言
新入社員に贈りたい名言1位は?
デキる新入社員の“質問術”講座
新入社員のNGファッション1位は
会社員になって気付いた10の真実

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP