ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鈴木daichi秀行プロデュース 赤と嘘 新しいスタートとなるミニアルバムをリリース 「過去の自分をトントントンと超えていけるように。」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月3日 渋谷Milky wayにてワンマンライブ【あなたに会えた事で全部チャラになりました~翔びたくて~】を開催した、森翼。ミニアルバム『あの時君になんて言えばよかったんだろう』をリリースし、アーティスト名を“赤と嘘”へ改名した。

赤と嘘 その他のライブ写真など

 約5年ぶりのCDリリースということもあり、大勢のファンが渋谷Milky wayへ集結。長い間音源の発表が無い中でこれだけのファンを集められるのは、“多幸感”や“高揚感”で埋め尽くす、純粋で人間味溢れる森翼ならではのライブを続けてきたからだろう。当日は、オープニングアクトとして、横浜を中心に活動するロックバンド chameleonが出演し、力強いライブで会場を暖めた。

 そして、OPムービーが始まると、ひたすら前向きに夢を語る映像と、どこか切なくも壮大なバックミュージックが涙を誘い、会場にはすすり泣く人の姿が。しかし、森翼が登場すると、空気は一変。暖かい拍手と大きな笑顔で迎えられ、同日発売となったミニアルバム『あの時君になんて言えばよかったんだろう』にも収録された「あなたにずっと」でライブが始まった。

 本編では、スーパースターになりたいという思いから完成した「スーパースターに憧れて」、“シェイクスピアもピカソも描けない”という印象的なフレーズで会場を大合唱させた「涙目ロック」や、「僕が、今まで体感した事が無いスピードで色んな人に出会わせてくれた曲。東京へ来て、ひとつ報われたなあって思った曲。」と語った大事な楽曲「すべり台」などを披露。MCでは「もっともっとちょっとずつ会場を大きくしていったら……言わへんで? 名前は言わへんけど、あそこに行けそうな気もしてくるよね。ほんまに見えてくるまではぐっと堪えて。みんなが思っているあの場所。そうだ、行ってやろうぜ!」と、日本のアーティストなら誰しもがあこがれるステージ、“あの場所”への想いを語った。ラストには今作にも収録される「1/f」を披露し、ステージを後にした。

 鳴り止まないアンコールに応え再登場した森翼から大きな発表が。

 「今日ワンマンライブして、こっからまた新しいスタートしたいと思っていて。過去の自分をトントントンと超えて行けるように……新しくやっていこうと思いまして……アーティスト名を変えようと思います。そのアーティスト名は“赤と嘘”。“赤と嘘”のボーカルの森翼としてやっていこうと思います。メンバー俺しかおらんけど!(笑)……これで、オーバーグラウンドの音楽シーン、下からコツいていってぶち破って広げて、ちょっと空きさえすれば、みんな結構あれやん? グイグイ行くタイプやんか?(笑)みんなでバーってそこに入っていけると思うし。昨日凄くぐっすり眠れて、朝起きたらやっと進めるって気持ちになって。これからは“赤と嘘”として頑張っていきます! よろしくお願いします!」

 集まったファンは期待に溢れる眼差しで発表を受け入れ、“赤と嘘”としての森翼の第一歩に大きな拍手を送った。今までは色々な事情からあまりライブで披露できなかった楽曲「くそびっち」で新しいスタートを切った森翼。肩の重荷が降りた彼は、軽やかで抜けの良い声と晴れた笑顔でパフォーマンス。そして、最後には、ファンと対話するように一人一人目を合わせながら「君ならできる」を送った。

 “赤と嘘”のボーカルとしてネクストステージへの扉を開けた森翼。今後は、作編曲家 鈴木daichi秀行全面協力のもと、更なる飛躍を目指し大きく活動して行く。

 また、同日発売となったミニアルバム『あの時君になんて言えばよかったんだろう』は、iTunes、レコチョク、amazonなどでも配信スタート。さらに、オフィシャルウェブサイトでは、最新ビジュアルに加え、同アルバムに「トラウマAとB」のOKテイクが収録された際の、1発撮りレコーディングライブ映像(http://bit.ly/1DYDHQx)なども公開されている。

取材&テキスト:内山直也

◎ミニアルバム『あの時君になんて言えばよかったんだろう』
2015/4/3 RELEASE
[会場限定CD]2,000円
[配信販売](http://bit.ly/1GHlsQ2)

◎ワンマンライブ【あなたに会えた事で全部チャラになりました~翔びたくて~】
4月3日 渋谷Milky way セットリスト:
1.あなたにずっと
2.ディストピア
3.ニーナ
4.モナリザ
5.スーパースターに憧れて
6.彼女
7.会いたくなったら目を閉じる
8.行かないで
9.解散ライブ
10.タイムマシン
11.涙目ロック
12.深夜5分
13.すべり台
14.さよなら
15.青い夢
16.トラウマAとB
(セッション :指輪を贈るよ)
17.1/f
En1.くそびっち
En2.君ならできる

関連記事リンク(外部サイト)

『サンボマスターとキミ』初回限定盤&のべ40曲超えの狂盛り収録詳細発表
KEYTALK 新アルバム発売&台湾公演決定 全国ツアー追加公演発表も
サザン 10年ぶりアルバムがビルボード週間チャートで首位、貫禄の数字を叩き出す

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP