ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スティーヴン・タイラー(エアロスミス)がカントリー・ミュージックに挑戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by 洋楽天国

スティーヴン・タイラー(エアロスミス)がカントリー・ミュージックに挑戦

以前から噂になっていた、スティーヴン・タイラー(67歳)のカントリー・ミュージック。今週、カントリーのインディーズ、ビッグ・マシーン・ミュージック・グループのスコット・ボルチェッタ社長兼最高経営責任者が、「エアロスミスのフロントマンであるスティーヴン・タイラーが、ビッグ・マシーン傘下のドット・レコードとソロ契約を結び、カントリー・ミュージックのアルバムを発売する」と発表した。音楽業界誌ビルボードが伝えた。

ビッグ・マシーンはテイラー・スウィフトが所属する、今最も勢いのあるカントリーのインディーズ。ナッシュビルにある、スコット・ボルチェッタ(52歳)が2005年に創業した。彼は元々、映画会社「ドリームワークス」の音楽部門の幹部だった。その前はカー・レイサー。ビッグ・マシーンは車好きのボルチェッタのアイデアで名付けた。そしてテイラー・スウィフトを発掘。世界で最もレコードの売れるアーティストに育てた上げた。

スティーヴン・タイラーによると、「昔住んでいたニュー・ハンプシャーの町は本当に田舎で、音楽はポップ・デュオのエヴァリー・ブラザーズやカントリー・ミュージックのカーター・ファミリーを聴いて影響を受けた。今回のプロジェクトは私のカントリー・ミュージックのルーツに敬意を払うもの」とコメントした。既にナッシュビル在住の作家達と曲を作っているそうだ。発売日は明らかにされなかった。

余談が、アルバム「21」が世界中でメガ・ヒットになったアデル。今年発売が予定されているサード・アルバムでカントリー・ミュージックを取り上げると噂されている。アデルの大好きなカントリー・シンガーはドリー・パートンだ。

記事提供元

洋楽天国

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP