ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たった2時間の睡眠でOKになる!? 1日が6時間も増えるアイマスク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎日忙しくしていると、時間がいくらあっても足りない……。仕事の時間だって必要だし、プライベートの時間はそれ以上に欲しい。1日の時間がもっと増えればいいのに―――。


Kickstarter

そんなわがままさんにピッタリの、すごいアイテムが登場した。「Neuro:On(ニューロン)」というアイマスク型のウエアラブルデバイスだ。寝るときに被るだけで、短時間でより深い睡眠を取ることができるというこちらのアイテム。1日が24時間以上に長くなるわけはないが、短時間でもしっかりと熟睡できる分、1日の活動時間を増やすことができるとメーカーはうたっている。

そもそもだが、睡眠には「単相睡眠」と「多相睡眠」が存在する。「単相睡眠」とは夜から朝にかけてまとめて取る睡眠のことで、一般的な睡眠スタイルをいう。一方、「多相睡眠」とは動物が通常行っている睡眠のことで、小分けにして取る睡眠のことを指す。

「Neuro:On」は、ユーザーの脳波や筋肉の動き方、眼球の動きなどを読み取って、「単相睡眠」を「多相睡眠」に切り替える。具体的には、30分睡眠を4回行うように睡眠時間をコントロールし、計2時間の睡眠でもユーザーが1日中パワフルに動けるように効率的な睡眠をもたらしてくれるのだ。

また、スマートフォンと連携すれば、専用アプリから睡眠時間の記録などがわかり、睡眠方法についてアドバイスも受けられるという。ほかにもアプリ経由でタイマーをセットできたりと、昼寝時や時差ボケを直したい時などにも役立つ。

これを使えば、ユーザーはたった2時間の睡眠で、8時間以上の睡眠を取ったような爽快感を得ることができるのだという。今までよりも活動時間が6時間も増えたら、何に使おうか迷ってしまいそうだが、さて、実際の効果のほどは発売されてからのお楽しみ、といったところか。

同アイテムは、現在299ドル(約35,000円)で予約販売をしており、今夏発送される予定。時間がもっと欲しい人、試してみる価値はありそうだ。

関連リンク

neuro:on
neuro:onのkickstarterページ

関連記事リンク(外部サイト)

スマートフォンでサイズを計測。試着しなくても、ぴったりな服をオンラインでショッピング
エアギターでも音が鳴る? 手にしたものすべてがおもちゃになる玩具がすごい!
声で話せない人のために16歳の少年が開発。息をモールス信号にして話すデバイス

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP