ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これであなたもコーヒー通?イタリア人が愛用する「モカ」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

筆者撮影

TRiPORTライターのレティです。
以前「なぜトイレに2つ便器があるの?イタリアの不思議な設備の正体」という記事内にも書いたように、海外へ行ったときには日本で見たことのない物や設備を見かけることもあります。特に、AirbnbCouchsurfingのようなサービスを使って現地の人の家に泊まった場合は、その土地ならではの文化に触れることができるので、思いがけないような発見も多いでしょう。たとえばイタリアの家なら必ずあると言っても過言ではない「モカ」。これは日本だとあまり知られていませんが、イタリア人の日常生活においては必要不可欠なものなのです。

というわけで今回は、イタリア人に愛され続けているモカについて紹介します。

家でエスプレッソを作るには?

イタリアといえばエスプレッソ。朝目覚めてまずエスプレッソを飲まないと一日が始まらないと考えているイタリア人が大多数だといえるほど、イタリア人はコーヒーと密接な関係をもっています。純粋に味が好きからといった理由で飲む人もいますが、他にもエスプレッソは社会的な機能を果たしているのです。バーで飲むにせよ家で飲むにせよ、イタリア人にとってエスプレッソは「誰かと一緒におしゃべりしながら飲むべきもの」と認識されています。

エスプレッソといえばカフェなどでいただくイメージが強いと思いますが、実はイタリアで消費されているコーヒーの89%は家で飲まれているそうです。家でエスプレッソを作るときに、「モカ」という道具が使われます。

モカとは沸騰した水の蒸気圧でコーヒーを抽出する方式の直火式のエスプレッソ・メーカー。「マッキネッタ(macchinetta)」とも呼ばれています。1933年にイタリア人のアルフォンソ・ビアレッティ(Alfonso Bialetti)によって発明され、それ以来イタリア人に広く愛され、使われ続けています。モカは日本のインテリアショップや家電量販店にも置いてあるので、見かけたことがある人もいるでしょう。特にエスプレッソに詳しい人ならばきっと知っているはずです。しかし、見たことのない人はいまいちモカの使い方がわからないと思います。では、どうやって家でエスプレッソを作ることができるのを見ていきましょう。

モカの使い方

Wikipediaより

使い方は簡単。モカは3つの部分から成っています。まずボイラー(図のA)に水を入れて、漏斗状のフィルター(図のB)を取り付けます。フィルターに微粉まで挽いたコーヒーを入れ、最後にモカの上部(図のC)を台座部に固定して、弱火にかけます。ボイラーの水が蒸発し、蒸気の加圧によって熱湯が徐々に漏斗に沿ってフィルターを経てモカの上部まで達したら完成。あとは上部に出てきたコーヒーをコップに注ぐだけです。モカさえあれば、いつでも簡単に本格的なエスプレッソをお家でも楽しむことができます。

注意点とアドバイス

・モカを熱したままにしておくと爆発します。イタリア人なら誰でもその爆発を目撃したことがあるほどやってしまいがちなミスです。危険なので目を離さないようにしましょう。
・エスプレッソをカップに注ぐ前に必ず小さなスプーンでかき回してください。
・エスプレッソの味を120%楽しむためには飲む前に一度、水をで口を整えるのがオススメです。
・エスプレッソのおいしさはもちろんコーヒー粉の質にもよりますが、水も味に大きな影響を及ぼします。ナポリのエスプレッソが一番おいしいと言われていますが、そのおいしさの秘密は水道水にあるとか。

Photo credit: Hideaki Matsumoto「イタリア紀行(後半 フィレンツェ ヴェネチア編)

さいごに

モカさえあれば日本でもお家で簡単にエスプレッソを作ることができます。しかし、上記したようにエスプレッソはただの飲み物ではないのです。本場の味と本物のエスプレッソ文化に触れたいのであればイタリアに行くしかありません! 今度の海外旅行の行先は、イタリアなんていかがですか?

Buon viaggio!

なぜトイレに2つ便器があるの?イタリアの不思議な設備の正体
イタリアに住んで体感した「ことわざ」から得た人生の教訓

(ライター:Letizia Guarini)

Photo by: Day 57 of 365: mom and daughter via photopin (license)

イタリアの旅行記はこちら

*Hideaki Matsumoto「イタリア紀行(後半 フィレンツェ ヴェネチア編)
*Kozue Fujieda「イタリア名所巡りの旅
*Yoko「女子二人/はじめてのヨーロッパよくばり旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP