ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

滝沢秀明 毎年進化する滝沢歌舞伎は「観客との勝負」と語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年で10年目を迎える舞台『滝沢歌舞伎』が、4月8日に幕を上げる。

 今夏、初の海外進出となるシンガポール公演も決定し、勢いに乗っている。だが海外進出がゴールではない。ジャニーズのエンターテインメントショーをより多くの人に知ってもらい、“日本にブロードウェイを作るという”大きな目標があるのだ…。

 和のエンターテインメントを展開し、宙吊りにイリュージョン、最新技術を取り入れた迫力ある舞台は毎年チケットが即日完売するほど大盛況…年々進化を遂げている滝沢歌舞伎だが、宙吊りの和太鼓演奏など、見ている側からすると「どうしてそこまで追い込む演出をするのだろう」と思う。だが、滝沢は言う。

「ぼくらがハードルを上げているわけではなく、お客さんが慣れていくんです。おいしいお寿司を一度食べたら普通のお寿司では感動しなくなるのと同じですよ」

 新橋演舞場(東京・中央区)で彼が初めて宙に舞ったとき、会場からどよめきが起こり大きな拍手が鳴り響いた。あれから10年。フライングは定番の演出となり、どよめきも起こらなくなった。そんな客を満足させるためにも、常に新しいものにチャレンジしていく必要があるのだ。それはまさに「観客との勝負」なのだ。

 そして、今年10年目の大きな節目を迎え、シンガポール公演が決まった。海外公演が目標ではあったが、そこに重きをおいているわけではない。海外公演をすることによって海外の人に日本のエンターテインメントに興味を持ってもらい、いつか日本で見てもらいたい。それは彼が所属するジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏が常々口にしていることでもある。滝沢は今回の海外公演をそのためのプレゼンであり前哨戦と位置づけている。

「もともとこの作品は新橋演舞場で生まれた作品なので、日本がいちばん似合うんです。四季折々の風景を感じていただきたいから、ぜひ日本で見ていただきたいですよね」(滝沢)

※女性セブン2015年4月9日・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
近藤真彦と滝沢秀明対談 NHK師弟共演について語り合う
ジャニー氏 過去滑りまくった村上信五に「You根性あるよ」
ジャニーズ年越し公演 フジTV生中継中止でファンの嘆きの声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP