ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「オヤジvs若者」他 ネットの意見の対立構造を雑誌で紐解く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ネット上には現実世界とは別の独自の文化があり、ネットならではの論争や暗黙のルールも存在する。大メディアでは安全保障や年金、医療などが日本の論点として語られるが、ネットの言論は次元を異にしている。そうしたネット事情を一冊にまとめたキュレーションマガジン『NEWSポストセブンマガジン』が、4月1日に発売された。

 例えばネットで論争となるのは、比較的身近な、しかし一筋縄では答えの出せない話題が多い。その中のひとつが「オヤジvs若者」のマナー論争である。

 これまでの世代間対立は、若者のマナー、言葉や服装の乱れなどを指摘する声が一般的だった。ところが最近、ネット上ではオヤジたちのマナーの悪さが指摘されるようになっているのだ。

 2014年7月、JR3社と日本民営鉄道協会が発表した「鉄道係員に対する暴力行為の件数・発生状況について」の数字を見ると、暴力行為の加害者は、20代以下が13.9%だったのに対して、50~60代を合わせると43.4%という結果だった。世代別人口比を考慮すればそれほど驚くべき結果ではないのだが、ネット上では〈知ってた〉〈また団塊か〉という書き込みが多数見受けられた。その反面、オヤジ世代を擁護する書き込みはほとんど目立たなかった。

 ネット世論を形成するコアユーザーは20~30代。彼らがネット上の「圧倒的強者」として、オヤジ叩きを行なっている様相が見て取れる。

 こうしたネット上の論争は、「オヤジvs若者」以外にも数多い。『NEWSポストセブンマガジン』では、この他にも「東京vs大阪」「リア充vs非リア」「ベビーカー論争」といったキーワードについて、ネット上の意見の対立構造を紐解いている。

 また同誌では、雑誌記事をネット向けに再編集して配信する『NEWSポストセブン』記事の中から、大きな反響のあったものを厳選。佳子さまフィーバーから、コンビニ戦争、学生の最新IT活用術まで、ひとつの記事がネットでどう広がり、どんな展開を見せたのか、ぶち抜きワイド25連発で大紹介している。ネットで人気の「まとめサイト」よろしく、ネットニュースを再編集して誌面に落とし込む新たな試みに注目だ。

 その他、「ネットで好かれる&嫌われる有名人ランキング」や、堀江貴文氏、勝間和代氏、片山さつき氏、キングコング西野亮廣氏らが総登場する「みんなのネットニュース事情」なども大特集している。『NEWSポストセブンマガジン』で、ネットの「リアル」を読み解いてみてはいかがだろうか。

※週刊ポスト2015年4月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
3人息子を京都大学に送り込んだ破天荒なオヤジの教育術3つ
「自分不器用ですから」と服を脱ぎっぱにする高倉健好き夫
革命児・中村勘三郎氏が父のカーテンコールを止めた若き日

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP