ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グルメ雑誌でもたびたび取り上げられる名店の「玉子・サンドゥイッチ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月26日放送の「L4YOU!」(テレビ東京系、毎週月~金曜午後4時)では「行楽におすすめ!名店のサンドウィッチ!」と題して「はまの屋 パーラー」(東京都千代田区)が紹介された。

 有楽町駅日比谷口から徒歩1分ほどの所にある知る人ぞ知るサンドウィッチの名店だ。一番人気は「玉子・サンドゥイッチ」(620円 税込み)で、来店客からは「(目的は)玉子サンドです。玉子が有名だというのは聞いていたので」「素朴だけど、とってもおいしい」といった声が聞かれた。分厚い玉子焼きが挟まれているのが特徴的だ。玉子の厚さが生きるよう食パンはあえて1センチのものを使っている。店長の塩釜さんは「玉子本来のやさしい味。それでいてふっくらとしっとりと焼いているところが魅力だと思います」と人気の秘密を語った。

 スタジオで試食をした番組司会の草野満代さんは「うん、おいしい。からしがちょっと効きますね。ピリッとする感じが、おいしい。これは差し入れでもらったらうれしい」とコメント。俳優の西岡徳馬さんは「玉子の周りにパンがついているって感じ」と評した。

■話題のお店に追加取材■
 2011年、多くのファンに惜しまれつつ、45年間続いたお店を閉じた「はまの屋」。この店のサンドゥイッチが好きだった現オーナーが店を居抜きでそのまま借り受け、翌年に再生したのが「はまの屋 パーラー」だ。昭和レトロな店内で、純喫茶の雰囲気を楽しめる。

 大人気のサンドゥイッチのレシピと技を前店主から引き継ぎ、当時と変わらぬ味を提供している。一番人気の「玉子・サンドゥイッチ」のほか、「フルーツ・サンドゥイッチ」(620円 税込み)も好評を得ている。特に日曜は早い時間に売り切れてしまうこともあるので、昼までに訪れるのがおすすめだ。サンドゥイッチは持ち帰りもできる。
 
 もともとあったサンドゥイッチ7種類に加えて、前店主の時代にはなかった新メニューも登場した。「パリジャントースト」(500円 税込み)は、厚切りのパンの上にホワイトソースとベーコンをのせてトーストしたもの。「季節のホットケーキ」(730円 税込み※コーヒーまたは紅茶のセットで980円〈税込み〉)は、ホットケーキの上にアイスや季節のフルーツをトッピングした食べ応えのあるスイーツだ。

 オーナーは銀座7丁目のコーヒー豆売り専門店「TORIBA COFFEE ~Boutique Coffee Roaster~」も経営しており、コーヒーはハワイのコナコーヒーなどの自家焙煎(ばいせん)した豆を使い、ハンドドリップで抽出される。昔ながらの雰囲気の中で本格コーヒーを堪能したい。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:はまの屋 パーラー (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:有楽町・日比谷のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:有楽町・日比谷×洋食・西洋料理のお店一覧
泉ピン子も大満足! こだわりの干物とみそを選べるすまし汁付きの定食!
あき竹城さんも称賛! ニッカウヰスキー本社の地下にある隠れ家的なバー!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP