体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デスクワークの疲れを癒す! 管理栄養士おすすめの効果的な食事とは?

もちろん、ナトリウムをバランスよく保つことも大切なので、ナトリウム以外にも、減塩も大切です! 外食や加工食品には、意外と多くの塩分が含まれているので、しょっちゅうラーメンを食べている……なんていう方は、ちょっと控えましょう。

目の疲れにはビタミンB群とタウリン!

目の疲れにオススメの食品は、角膜や網膜の働きを助けるビタミンAを多く含む小松菜やにんじん、かぼちゃなどの野菜、牛・豚・鶏のレバーです。色の濃い緑黄色野菜を使ったサラダやスープ、レバニラ炒めなどを選ぶと、ビタミンAを効率よく摂取できます!

また、ビタミンB1とB12をはじめとするビタミンB群には、目の神経や筋肉の疲労を解消し、視力を向上させる作用があります。ビタミンB1は、豚肉・お米・豆類に多く含まれています。効率良く摂取するには、白米よりも玄米や胚芽米がオススメです。

RE_DSC_0882

ビタミンB12は、シジミ・イクラ・牛レバーなどに多く含まれています。ビタミンB12は、水溶性のビタミンで、動物の肝臓に多く含まれているので、魚介類は内臓も含めて食べるようにしたり、汁ごと食べられる料理を選ぶと良いですね!

そして網膜を守り、視神経や筋肉の緊張をほぐす作用があるタウリンも、疲れ目の改善に効果的です。タウリンは、まぐろやサバなどの魚肉の血合いや、ホタテなどの貝類に多く含まれています。

ちなみにタウリンは、二日酔いの原因になるアセトアルデヒドの分解に役立つ効果もあるので、お酒好きのビジネスマンの方にも、ぜひ摂っていただきたい栄養素です!

日々パソコンにかじりついて疲れが溜まっているデスクワーカーの皆さん、ぜひ参考にしてみてください!

引用元

デスクワークの疲れを癒す! 管理栄養士おすすめの効果的な食事とは?

関連記事

新社会人必見! 管理栄養士がオススメする健康的なコンビニ飯の選び方
そんなウマいの? 人気過ぎて発売中止の新ハーゲンダッツを食べてみた
山手線1周歩くのマジ過酷すぎ… おデブニコ生主がダイエットに挑戦

前のページ 1 2
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy