ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月額5ドルから!メールを送る前にスペルミスや不適切な表現を修正するサービス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビジネスでプライベートで。今や、emailは人間関係構築のために欠かせないツールである。国内のみならず、外国の取引先にメールを送るようなシーンもあるだろう。そんなとき、自分のメールの中に、スペルミスや適切でない表現があったらどうしよう……と、ふと不安になることはないだろうか。

特に大切な取引先であった場合には、伝えたい内容がきちんと伝わらないどころか、相手の信頼を損ねたり、失礼にあたる可能性まで出てきてしまう。

・人の目で、送信する前にメール文章をチェック

そんなことにならないために、月額5ドル~始められる「eAngel」というサービスを利用してはいかがだろう。相手先にメールを送る前に、そのメールを人の目でチェックして修正してくれる。

「eAngel」はGoogle のChromeブラウザの拡張機能で、数秒で気軽に追加が可能だ。使い方は簡単で、メールの送信ボタンのかわりに、「eAngel」へ送るボタンをクリックするだけ。

・携帯電話からも利用可能

文章の長さにもよるが、数分~1時間以内ほどで修正がユーザーにバックされる。あとは修正内容を確認し、ユーザー自身で相手先にメールを送れば完了だ。

さらに、fix@eangel.meへメールを送信することで、携帯電話からもサービスを利用することができるという。

・言語のプロフェッショナルが対応

数々の自動翻訳ソフトは出回っているものの、言語を理解して使いこなす能力は、やはり人間には及ばない。「eAngel」では言語のエキスパートがメールに目を通してチェックし、文法やつづり、用法や表現の誤り、タイプミスを拾い出し、修正をしてくれるので、正しい文章のメールを安心して相手先に送ることができる。ただ1つ注意したいのは、このサービスは翻訳ではなく、あくまでも修正をするサービスだという点は頭に入れておきたい。

・プライバシー面にも配慮

ちなみに、本文だけが「eAngel」に送られてくるため、チームメンバーには依頼者の個人情報や送信先の詳細、添付ファイルは見えないようになっており、プライバシーの保護という面でも安心して使える。

・利用文字数に応じた月額料金

「eAngel」では、ニーズに応じた月額プランを用意。5つのメールまたは500ワードまでは無料、1785ワードまたは830ワードの文字修正までは月額5ドル、それ以上のワード数に対応できるコースまでさまざまだ。すべてのブラウザ、メールプラットフォームに対応している。また、対応言語は今のところ、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ヘブライ語となっている。

海外の取引先への大事なメール送信の際に活用できるだけでなく、外国語学習のツールとしても役立ってくれるかもしれない。

eAngel

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP