ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家で野菜を育てる!水耕栽培のススメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


異常気象の影響からか、近年レタスやトマトなどの野菜価格が高騰傾向にある。「満足に買えない」と悩んでいる主婦も多いことだろう。そこで、注目されているのが“水耕栽培”だ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

「水耕栽培とは、土の代わりに水を使って野菜を育てる方法のこと。LEDの光をあて室内で育てることも可能で、家庭用の水耕栽培器もさまざまなメーカーから販売されています。家で野菜を育てる習慣がつけば、スーパーで買う必要がなくなり、食費が節約できる。主婦のみなさんにはオススメしたいですね」

とは、家庭用水耕栽培器を開発・販売している「リビングファーム」の長尾益男さん。なんでも水耕栽培器は、購入費用こそかかるものの、以降のランニングコストは肥料と電気代などすべて合わせても月々230円程度(小型器の場合)。しかも、野菜によっては発芽から30日前後(!)で食べられる状態に成長するうえ、根こそぎ摘まなければ新たな葉が生えてくる。非常にお得に野菜を育てることができるのだ。

「また、土を使わないのでほぼ無菌状態で育てられます。そのため農薬を使う必要もないので、無農薬で採れたての野菜が毎日食べられますよ。これなら、お子さんにも安心して食べさせることができると思います」(長尾さん 以下同)

具体的な育て方はというと、苗を栽培器の容器に設置し、水と液体肥料を一定量入れたら、あとはLEDの光をあて続けるだけ。根が水から養分を吸収し、グングン育ってくれる。

「ちなみに、置き場所はリビングなど人の行き来が頻繁にある場所が一番です。呼吸によって発生する二酸化炭素も、野菜の成長には必要不可欠ですから。また、『専用機器はやっぱり高い』という人は、栽培器を自作するのもあり。ベビーリーフやルッコラなら、透明の空き容器とデスクライト程度の光で育てられます」

さらに「子どもと一緒に育てれば勉強にもなりますし、野菜嫌いだって克服できるかもしれませんよね」とは長尾さん。思っていた以上にメリットだらけの水耕栽培。これを機に、思い切ってはじめてみては?
(松本まゆげ+ノオト)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

家で野菜を育てる!水耕栽培のススメはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

オヤジ体型も!? 40男、副業モデルの収入は?
投資信託とはどう違う? ETFの徹底活用術
節税対策に! 「ふるさと納税」の活用テク
バターを切るのに〇〇が完全に一致!
宅配便で得する20cmの法則

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。