ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あえてデートは終電まで。10歳以上年齢が離れた、年上男性とデートをするべき「12の理由」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

恋愛に年の差なんて関係ない!
と、言うは易しですが、実際のところはどうなんでしょう。今回は、海外のサイトから「年上男性との恋愛観」を綴った記事をもとに、年の差を超えてデートしてみたくなる、大人のオトコの色気について考えてみたいと思います。

安定した収入があって、安心できる?それだけじゃありません。決めるところはしっかり決める。それが年上男の最たる魅力です。

01.
デートは終電までに
完結させてくれる

たまにだから面白いのに、毎回オールでそのまま始発コースでは、精神的にもお財布事情も疲弊してしまいます。年上の彼らは朝イチからの楽しみ方を知り尽くしています。たとえば、まだ暗いうちから朝焼けを見に車を走らせたり、お気に入りのカフェでファーストドリップを楽しんだり。

02.
たくさん飲むお酒より
1杯の楽しみ方を知っている

同年代の男の子とのデートでは、とにかくお酒の量も増える一方。浴びるように飲んで盛り上がるのも楽しみのひとつです。でも、大人の男性はお酒をがぶ飲みしなくても、会話やしぐさで時間と相手をコントロールする術を知っています。

03.
あこがれの高級店にも
気軽に連れて行ってもらえる

経済的な余裕はもちろんですが、仕事の接待や過去の恋愛体験で知り得た、ちょっと敷居の高そうなレストランでも、彼がいれば大丈夫。行きつけの店、知る人ぞ知る場末の名店、ほか、あなた1人ではとうてい出会うことがなかったような、味覚体験をさせてくれることでしょう。

04.
友だちの幅が圧倒的に広い

それまで同年代とのつき合いでは想像もしないような、交友関係の広さを手に入れることでしょう。年齢が高くなるにつれて、友人の幅は誰しも広がるもの。萎縮する必要なんてありません、あなたをちゃんと大人として迎え入れてくれるから。男性でも女性でも、世代を越えて繋がり合える友人は、人生において最良の宝となります

05.
「可愛いだけ」「甘えるだけ」
から脱却できる

年上の男性が何でも言うこと聞いて、甘えさせてくれるだけと思っては大間違いです。子どもだからなんて、目で見てはくれません。彼らの横が似合う女性になるように、自分自身が成長をしていくことが不可欠です。

06.
ハプニングなんてへっちゃら
感情の乱高下が少ない

些細なことで一喜一憂しない、落ち着きこそが年上男性の魅力でしょう。自分のなかに明確な軸がある分、流されず動じずにハプニングにも対応ができるはず。

07.
すべてが大人なワケでもない

いわゆる少年のような心を持っているのも、ワイルドさを潜めているのも大人の男性の魅力だけれど、ときにはハメを外して大騒ぎもするし、人前で涙も見せる。包容力と意外性を兼ね備えた、良い意味でのオヤジが世の中にはいます!必ず。

08.
自分に似合うものを知っている

人生経験を積んでいる分、自分の趣味趣向をもちろん把握しています。好き嫌いだけでなく、喜びや悲しみを他人と享受することが、関係をより密にすることを知っている男性ほど、あなたに優しくも厳しくもしてくれるでしょう。

09.
ミステリアスな部分を秘めている

自分の時間はことさら大事にしたいと考えているはず。あなたを大切に思っているのと同じように。だから「私と○○どっちが大事?」みたいな態度をせずに、自分も必要とされる女性を目指しましょう。お互いがムリをすることなく、会いたいときにあえるのが理想ですけど。

10.
バツイチが人生に
深みを与えている

年の数だけ過去と経験があるはずです。離婚歴がある人だって当然いるでしょう。これら過去の経験から形づくられた、いまの彼の魅力があるのだと考えれば、経験人数を嫉妬するような必要は全くありませんよね。

11.
お互いの知らない世界を
共有しあえる

世代が違えば当然ですが、生き方考え方も違います。でもそのズレや価値観の差を分かち合いつつ、つき合うことができれば、話が合わないとか溝を感じるなんてことはありません。

12.
世代の差を感じているのは
むしろ自分の方だと気づく

若い世代とも難なくデートできる男性ほど、世間に対する嗅覚は鋭いものです。ジェネレーションギャップを感じているのは、案外あなたの方かもしれませんよ。

 Reference:WALL STREET INSANITY

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

「男は8.2秒あれば恋に落ちる」一目惚れにいたる恋愛プロセスを科学が解明!
20代で「本気の恋愛」を経験して気づいた。自分にとって、大切な14のコト
あなたは大丈夫?長続きするカップルが絶対にやらない「13のコト 」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP