体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トシちゃんが歌い美女が踊る! 『南海電鉄』の『愛が、多すぎる。』動画がクセになる

動画
南海電鉄

便利な駅に停車するから、オシャレな雰囲気だから……。普段利用する様々な「電気鉄道=電鉄」にはそれぞれの特徴がありますが、“愛が多すぎる”電鉄が存在する事を皆さんはご存知でしょうか?

大阪から和歌山・高野山方面をつなぐ“南海電鉄”は、「愛が、多すぎる。」をスローガンに掲げ、利用者が“住んで良かった・住んでみたい”と思う活気あふれる沿線づくりに取り組んでいるそう。

このブランドスローガンは、沿線利用者とグループ社員に南海電鉄のイメージについてインタビューした際、

利用者:「まじめで仕事一筋」「優しくてあたたかい」「個性や遊び心がある」
社員:「どこよりも地域密着・お客さまを幸せにする企業」「前向きに色んなことに取り組む企業」

と回答したことがきっかけなんだとか。「良かれと思うことなら全力でやる! やりすぎなくらいやる! その“愛”こそが南海電鉄!」という熱すぎる姿勢で、色々な企画を行っていく予定です。

南海電鉄

ここで、愛が多すぎる動画をご紹介。なんと、利用者の方みんなで踊れる“南海体操”を作っちゃいました! 発想がナナメ上すぎるゼ。

南海電鉄

制服姿で踊るお姉さん、指差し確認の仕草、シュッシュッポッポの動きなどを取り入れた独自の動きがクセになります。

これだけでもインパクト大なのに、このテーマソングを歌っているのが、トシちゃんこと田原俊彦さん! 『教師びんびん物語』のトシちゃんですよ、死ぬまでに一度はディナーショーに行ってみたい歌手No.1のトシちゃん。「♪本当に愛が~多すぎる」年齢を感じさせない、軽やかな歌声で体操に華を添えます。

南海電鉄

最初から最後まで、愛! お恥ずかしながら筆者、南海電鉄さんを利用した事はないのですが、ここまで言われるとその愛を感じてみたくなりますね。

南海電鉄

公式サイトでは、この“南海体操”の振り付けや、CMメイキングなど、制作秘話も公開中。

1 2次のページ
動画
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会