ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おうちで家庭料理を教えてもらえる「大人の家庭教師」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家庭教師といえば子どもが教えてもらうイメージだが、最近「家庭教師のトライ」がやっている「大人の家庭教師」という大人向けマンツーマン指導がひそかなブームになっているという。英会話、ペン字、ゴルフなど幅広いジャンルがあるなか、一番人気は料理なのだとか。

「大人の家庭教師」コンシェルジュの野地さんにお話を聞いてみると、子どもに家庭教師を習わせた保護者から「子どもと一緒に習いたい」といった声がきっかけだったとのこと。「ですが、料理は『人目が気になって恥ずかしい』、『小さい子どもがいるので通えない』という声が多く、開設したコースです。料理コース利用者では、男性が35%とわりと多く、世代的には30~50代が約7割を占めています」

では、どんな先生に教えてもらえるのだろう?「講師のキャリアは、料亭の料理長や大使館付き料理人を経験してきた方のほか、各国のレストランで修業した料理人、料理教室で長年講師をしている方など多岐にわたります」

受講内容、回数などは自分の希望で決められ、中級レベル以上の経験者には、専門のコンシェルジュがオーダーメイドでプランをつくってくれるそうだ。実際、どんな料理を習いたい人が多いのだろう?「家庭料理が圧倒的に多いですね。料理初心者の方のために、切る・煮る・焼く・炒めるなど料理の基本技法を全10回で網羅できるモデルカリキュラムも用意しています。和食をはじめイタリアンや中華といった各国料理から、介護食など専門的な料理も対応しています」

過去には、健康診断をうけてコレステロールを抑えた家庭料理や、ダイエット食を習いたいといったオーダーもあったとのこと。

いざ受講となれば気になる費用はおいくらなのでしょう?「60分あたり2900円~で、コースや講師の実績・経験によります。料理コースごとに1回あたり90~120分と受講時間が決まっており、受講ペースも月1回から設定できます。講師の交通費は負担になりますが、のべ8万名以上の講師がいるので、近所から紹介でき出張も可能です」

料理の場合、受講料のほかに材料費も必要だ。「材料費もかかるので、予算に合わせてレシピを相談して決めます。事前に講師がレシピに合わせた買い物メモを作り、その材料を受講者に用意してもらいます」

いずれにしても、きめ細かく対応してくれるようだ。

実際に受講した方の反響、感想は「曜日や時間が自由に選べるのがうれしい。急に仕事が長引いても柔軟に対応してもらえた」「一人暮らしに合った常備食のつくり方や食材の保存方法など役立つことばかり習えた」と、受講者の満足度も高いようだ。今なら無料体験レッスンもあるようなので、ぜひ試してみてはいかがだろうか。●取材協力
家庭教師のトライ「大人の家庭教師」
HP:http://www.otonatry.com/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/04/06/81552/

【住まいに関する関連記事】「MOCO’S キッチン」で見た速水もこみちの“オリーブオイル愛”
話題のユニット「給食系男子」が教える“本当の”3分間クッキング
クリナップ、講演会&こども料理教室を新宿ショールームで開催
パナソニック、「リフォームセミナー・IHクッキングセミナー」開催
アート&マテリアル、「ブックカフェを楽しむ家」完成見学会開催

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP