体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【EXILE USAインタビュー】第1回 世界に通じるダンスで心の国境をなくす

以下USAさん

以下USAさん

「世界に通じる共通言語(ダンス)で心の国境をなくす」

TRiPORTライターのKANAです。
今回はEXILEのメンバーであり、世界中を踊りながら旅しているUSA(宇佐美吉啓)さんに、世界を旅して感じた新しい価値観や心の国境についてインタビューしました。

第1回「踊りで広がる世界と苦悩」

ー世界中を旅していますが、何をきっかけにして旅へ出たいと思うようになったのですか?

きっかけは踊りが大好きだからです。「世界中で踊りたい」というシンプルな気持ちでした。踊りがない民族や国は世界中を探してもどこにもない。「もしかしたら、この踊りがあれば全ての民族と繋がれるんじゃないか..?」と妄想が広がって…。それがいつの間にか夢になっていきましたね。

初めて旅に出たのは18歳の時。既にダンスを始めていて、もっと踊りがうまくなりたい! という一心で日本を飛び出し、ニューヨークへ行きました。大人になってからも、何か一歩を踏み出す時はいつも踊りがセットになっていますね。今思い返してみると、世界に飛び出す感覚って、子供の頃の冒険心と似ているなと思います。「この川ってどこまで続いているんだろう…?」って思ってチャリで自分の街を飛び出す、みたいなあの感覚。それが地球規模になっただけかなと。

キューバでの衝撃と興奮

ーダンスで世界をつなげるプロジェクト「DANCE EARTH」を始めたきっかけは何だったのでしょうか?

15年という長い間HIPHOPをやってきたなかで、逆にアメリカのHIPHOPがあまり届いていない所に行きたいと思い、2006年にキューバへ行きました。自分の踊りを違うふり幅に持っていきたかったからです。キューバで道を歩いていたとき、僕がダンサーだと知っている人は誰もいないはずなのに、なぜかノリノリで絡んでくる人たちがいたんですよね。ビートボックスを口で奏でながら、いきなりラップを歌ってきて、そこで突然セッションが始まったんです。洗濯物干してるおばちゃんも「ヒュ~!」ってノッてきたり、瞬く間に路上がステージになっちゃいました。その衝撃と興奮が忘れられなくて! 「旅って、ダンスって、こんなこと起こっちゃうんだ!」っていう衝撃でしたね。こんなことが世界中でできたら本当に楽しいんだろうなぁと思ったのが、「Dance Earth」をライフワークとして始めたきっかけです。

img3534

世界はみんな温かいもので繋がっている

ー世界では路上でいきなり踊りだすことも不自然ではないですよね。踊りを通して伝えたいものはありますか?

たくさんあるんですけど一番は、EXILEの信念「LOVE,DREAM,HAPPINESS」をエンターテインメントを通して伝えていく、というのが僕個人の中でも中心にあるものですね。

いつも書籍の最後に「ONE WORLD, ONE LOVE」という言葉を書いて締めているのですが、最初は肌の色とか国境を越えたいっていう想いからだったんです。でも今は、越えるっていうよりも「世界はみんな、心の底の温かいもので繋がっている」というじんわりとした繋がり方を伝えていきたいと思っています。

ー「ダンスに言語は関係ない」と本にも書いてありましたが、例えばビートボックスを奏でている人がこっちへ来たら、どういう風にダンスが始まっていくのですか? 目で通じるものがあるとか…?(笑)

相手は僕がダンサーなんてことは知らないですからね(笑)。ダンサーだからとか、そういったことは多分関係ないんでしょうね。「見たことないやつが来た! やってみよ!」みたいな感覚だと思います。手拍子とか足踏みとかだけでも、その場に参加したことにはなるし、十分成立してるんだと思います。その後すぐにハイタッチをしてラムで乾杯したので、誰がその道を通っても同じような展開になっていたのかもしれませんね。

img3516

ブータンでは「踊り=祈り」

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。