ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年収は、500万円でいい。キーラ・ナイトレイに学ぶ、自分らしく生きる「6つのヒント」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの大ヒットにより一躍ハリウッドのトップスターとなり、「プライドと偏見」では若干20歳にしてアカデミー主演女優賞にもノミネートされた大人気女優、キーラ・ナイトレイ。セレブの中のセレブとも言える彼女だが、実はシンプルな生活を愛する意外な一面を持っている。

そんなキーラ・ナイトレイに学ぶ、自分らしく生きる6つのヒントをまとめた。大切なのは、周りの評価ではなく、自分の心に正直になることだということを教えてくれる。

Photo by Electroguv 

01.
年間500万円で、
シンプルに生きる

キーラ・ナイトレイは、1年で40億円ほどを稼ぎ出すセレブだ。Business Insiderの記事でも取り上げられているのだが、本人は40億円の中から、年間500万円程度しか受け取っていないと言われている。(この意見には本当か否か、ネット上でも議論を呼んでいる)自分の身を守るためのセキュリティにはお金を使っているが、服や化粧品を購入することはほとんどないそうだ。自分にとって必要なものが、必要なだけあればいい。シンプルに生きることこそが、自分らしさを保つ秘訣だ。

02.
名声なんてどうでもいい
自分の生活が大事

大人気だった「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズではヒロイン「エリザベス・スワン」役を務めたが、もうシリーズの新作には出演しないという。その理由は、自分の生活を大切にしたいから。大作映画に出演すると、大衆の興味を引いてしまうことでパパラッチの標的にされやすくなってしまう。またTwitterなどを使ってプライベートについて発信することにも否定的。気持ちのいい生活のために、自分のこだわりを貫き通そう。

03.
モノよりも、
気持ちが大切

先日イギリスのロックバンド「クラクソンズ」のヴォーカル・キーボードであるジェイムス・ライトンと結婚したキーラ・ナイトレイ。その結婚指輪は、専門家の鑑定によるとおよそ300万円程度と言われている。もちろん一般人からすれば高価に感じるが、アンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピットから貰った結婚指輪がおよそ40億円にも及ぶことを考えれば、質素と言っていいだろう。モノの値段ではなく、そこに込められた気持ちを大切にしている。

04.
余計な見栄や、
プライドを持たない

セレブらしく盛大な結婚式を挙げたのかと思いきや、フランスで挙げられた式の参加者はたったの11人、セレモニーはたったの10分だったという。しかもウェディングドレスは以前イベントで着用したものを着回している。家族と親しい友人に祝福されることが何より大切と考えるその態度は、余計な見栄やプライドではなく本当に大切なものを教えてくれる。

05.
テレビは見ない
望まない情報は、得ない

彼女は新聞をできるだけ読まないようにしているという。中立的であるはずのニュースにライターの主観が入っていると、そのたび腹が立ってしまうからだそうだ。またテレビも楽しめる番組がなく、コマーシャルが煩わしいとの理由でほとんど見ないとのこと。情報は、あればいいというものではない。必要な情報をきちんと選んでこそ、満足いく暮らしは訪れる。

06.
同じことはしない
常に変化し続ける

彼女は同じ映画のシリーズに出続けるのではなく、新しい映画に出演し、女優として演技の幅を広げている。誰もが認めるトップスターとして活躍しているが、将来的には女優をリタイアして、家族ともっと時間を過ごせる仕事に就くことも考えているそう。変化していくこともまた、自分らしさなのだ。

Top Photo By : Tony Shek     Reference:Business Insider

関連記事リンク(外部サイト)

「両方手に入れればいいわ」エマ・ワトソンがファンに贈った、「6つのTwitterメッセージ」
義足のアスリート・女優が語る。逆境にチャンスを見出すために大切な「6つのコト」
【共感の嵐】兄妹から学んだ、人生に大切な「10のコト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP