ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空自ブルーインパルス 隊員に選ばれるのは「この上ない名誉」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「隊の一員に選ばれるのは戦闘機乗りとしてこの上ない名誉です。やるからには常に最高の展示飛行(アクロバット)をお見せしたい。だから訓練であっても緊張の連続です」

 曲技飛行隊・ブルーインパルスで隊長を務める日高大作2佐は任務の重圧をこう語った。

 世界最高峰の技術を持つと評される飛行隊、その正式名称は「第11飛行隊」で、宮城・松島基地の第4航空団に所属する。機体は1996年から使用するT4戦闘機6機。パイロットは、全国各地の戦闘機部隊から選抜された精鋭中の精鋭11名。整備士を含めた部隊の総勢は44人で、任期は3年と短い。

 ブルーインパルスは、航空自衛隊の広報活動の一環として1960年に誕生したが、その名を轟かせたのは東京オリンピックの開会式だった。国立競技場の上空に描かれた見事な五輪のマークは、世界中に大きなインパクトを与えた。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2015年4月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日中戦闘機の実力拮抗 早期警戒管制機は自衛隊が圧倒的に上
田母神俊雄氏「日本にもF15凌ぐ国産戦闘機を作る能力ある」 
自衛隊F15戦闘機 1機当たり1時間の飛行訓練経費は200万円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP