ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

重病説流れた野村克也 食欲睡眠欲すごいと完全復活アピール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東北楽天ゴールデンイーグルスの監督を辞したのち、野球解説者、評論家として活躍していた野村克也氏は、昨年10月に突然公の場から姿を消した。各メディアでは病気療養のためと報じられ、重病説も出た。

 退院後の姿を報じたのは3月27日に発売された『FRIDAY』だ。沙知代夫人の肩に手をかけ、〈一歩一歩かみしめるように歩く〉姿を撮影し、知人の発言として〈昨年末まで集中治療室に入っていたため20kg近くやせてしまった〉と伝えられた。

 しかし本誌の取材会場に現われた野村氏は、しっかりとした足取りで入室し、記者に「おぅ」と声をかけてソファにどっかと腰をおろした。確かに少しほっそりしたが、顔色はいい。

「写真誌は大袈裟や。メスを入れたわけでもなく、ただ1か月入院しただけで、痩せたのは8キロ。退院してから少し戻っているしね。1か月も入院すりゃ誰でも痩せますって。ダイエットしたけりゃ入院すればいいよ。病院食は食えたもんじゃないから」

 憎まれ口を叩き、ニヤリと笑う。

「上(半身)はそうでもないが下が細くなった。ズボンがガバガバ。まァ、80年(今年6月で傘寿)も生きてりゃどこかは悪くなる」

 入院のきっかけは毎年受診している健康診断だった。

「中曽根(康弘)さんから紹介された病院で50歳の時から毎年(健診を)受けている。そこで引っかかっちゃった。自覚症状? 何もない。痛くも痒くもなかった。医師からは“石原裕次郎さんと同じ病気(解離性大動脈瘤)。ただ野村さんは幸運です。裕次郎さんは発見が遅かったがあなたは早かった”といわれた」

 早期発見で手術を受けることもなく済んだ。「もう大丈夫。食欲、睡眠欲はすごい」と完全復活をアピールする。しかし沙知代夫人は心配なようだ。

「家でテレビばかり見ていたら、サッチーが“(健康のために)歩け、歩け”ってうるさいんだよ。私は引退したときの会見でもいった通り、“金輪際汗はかかない”主義なんです。長生きする動物を見てご覧なさい。万年生きるというカメは普段ジーッとして動かないでしょう。あれがいい。カメ理論だよ。最近はジョギングをする人も多いが、あれはかえって心臓に負担をかけちゃう」

 今後も「カメ理論」を貫くという。

「平均寿命まで生きたんだ。後も動かずにやりますよ。趣味もないしね。ゴルフもしない、旅行も大嫌い。強いていえば食だね。最近は美味しい店の情報を集めている。自分で食べて美味しいと思う店を6軒に絞って、そこをローテーションして回っています。サッチーは一切料理をしないから、台所がいつも綺麗なんだ。珍しい家だよね」

※週刊ポスト2015年4月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
難病でもないのに都心の大病院に入院すると負担額かさむ例も
プレイボーイ男 入院先勤務の元カノ看護師から脅されて逃走
余命半年宣告から9か月・入川保則 葬儀の段取り決め入金済

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP