ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ショップ袋のリメイクで、オシャレ&知的女子をアピール!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「いつかは使うかも…」と思っておうちにドッサリ溜めていた、ショップ袋のかんたんリメイク法を発見!
友だちに「どこで売ってるの~!?」と言われるような、話題のオシャレなブックカバーを紹介します。

キュートなラッシュ♡

tokoさん(@wonderwall2655)が投稿した写真 – 2015 3月 21 6:48午後 PDT

ロゴや色使いがかわいいラッシュ。大きさが足りない部分は自分で色紙を追加すればOK。

人気はスタバ!

KEIKOさん(@keiyan_)が投稿した写真 – 2015 2月 27 10:53午後 PST

manapan28さん(@manapan28)が投稿した写真 – 2015 2月 21 7:25午後 PST

紙袋が手に入りやすいスタバは人気! 季節ごとにデザインが変わるので、どんどん集めたくなりますね。
春のさくらバージョンは、とくにカワイイブックカバーができそう♪ 定番タイプは、女神さまのロゴをどこに持ってくるかがポイントですね。

意外な紙袋でもおしゃれに!?

yuyuさん(@yuyu2)が投稿した写真 – 2015 3月 4 11:38午後 PST

こちらはなんとカステラのお店の紙袋。普通に売ってそうなめちゃくちゃカワイイブックカバーですね。
作りかたは紙袋をハサミで切って、本の大きさに合わせて折るだけだから簡単。シャネルやエルメスなどハイブランドの紙袋を使ったらみんなに驚かれそうですね!
ショップの紙袋はしっかりした素材が多いので、多少は濡れても汚れないメリットも♪ 余った素材でおそろいのしおりを作ればさらに雰囲気が出ますよ。
世界にひとつの手作りブックカバーで、オシャレ&知的女子をアピールしちゃおう
shoppingbags image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
定番ボーダートップスを、ちょっとのワザでかわいさアップ!
ガーリーなチュールスカートを大人系に着る5つのテクニック
Gジャンをもっと今年っぽく着こなすには○○と合わせるのがいい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。