体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【私のおすすめの旅】クリスマスを毎年ヨーロッパで過ごす贅沢(ガジェ通旅ライター:SYO)

クリスマス時期のヨーロッパ

こんにちわ。海外旅行大好き世界遺産マニアのSYOです。

海外旅行が大好きで世界20ヶ国以上回ってきたわたしがオススメする、“価格がお手頃”、“ラグジュアリーな気分を楽しめる” 、“初心者でも楽しめる”のが

「クリスマス時期のヨーロッパ」

特にクリスマス前のアドベンドの期間(11月下旬~12月上旬)がわたしの一番のオススメです。

クリスマス時期のヨーロッパは価格が安い!

ヨーロッパのオンシーズンっていつだと思います?

ヨーロッパのオンシーズンは春~夏にかけてで、その時期の旅行代金を見ると6泊8日のツアーで30万超えなんていうのもざらにあります。

確かにヨーロッパのオンシーズンは日照時間が長いので、日が落ちるのが遅く、長い間観光を楽しめるという利点や、冬になると寒くなるヨーロッパですが、春~夏は気温が高くて過ごしやすく、観光しやすいという利点があるのです。

その点冬のヨーロッパは、“寒い”、“夜明けが遅く日が落ちるのが早い”、“春~夏にしか動いていないツアーバスがある”と、あまり観光にいい季節でないのは、確かなんですよね。

冬のオランダ

クリスマス時期のヨーロッパはオフシーズンに当たるので、旅行会社も価格を安めに抑えてきます! ココがねらい目ポイントその1

例としてHISを見てみると、過去のヨーロッパ冬ツアーの価格は燃油サーチャージ込みで10万~18万ほどの価格で出していることが多いようです。

ちなみに、わたしが過去に行ったヨーロッパ冬ツアーの金額を具体的にご紹介します。

2008年12月 ドイツ~フランスロマンティック街道&モンサンミッシェルツアー 8日間

DSCF8359

2008年12月に行ったドイツ~フランスロマンティック街道ツアー 約14万円(燃油込み)

ノイシュヴァンシュタイン城から、ロマンティック街道を抜けローデンブルクへ、その後パリでモンサンミッシェルを見るというかなり贅沢なツアーでした。

2011年 ドイツ・チェコ・オーストリアツアー 8日間

IMGP0234

2011年に行ったイツ・チェコ・オーストリアツアー 約15万円(燃油込み)

ドイツのノイシュヴァンシュタイン城から、ローデンブルク、ニュンベルク、プラハ、ウィーンへ。2008年の旅とは少しルートが違い、東ヨーロッパを回る旅でした。

2013年 オランダ・ベルギー・フランスツアー 8日間

DSC05392.JPG
2013年に行った、オランダ・ベルギー・フランスツアー 約12万円(燃油込み)

アムステルダム、アントワープ、ブリュッセル、パリ。フランス近辺のヨーロッパ諸国を回る旅でした。フランスではフリーの日が2日あったので、オプションでモンサンミッシェルに行ったり。

このように、どのツアーも燃油サーチャージ込みでかなりお得に旅行に行けるというのが分かっていただけるのではと思います!!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会