ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「数」を意識すれば人生は好転する?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
「数」を意識すれば人生は好転する?

 パワースポットがブームになり、神社に参拝をしたり、風水の視点を取り入れた生活をしたりしている人は多いでしょう。しかし、それでもまったく運気が上がってこない…と悩んではいませんか?
 それには原因があります。「難を避ける」ということをしていないのです。

 運気を呼び込む前に必要なこと、それは「悪いことを遠ざける」=「難を避ける」こと。
 そう語るのは、古神道数秘術家の中井耀香さんです。今回、新刊JPは中井さんに著書『すごい「お清め」』(中経出版/刊)についてお話を伺い、本当の運気の上げ方について教えてもらいました。後編をお伝えします。
(新刊JP編集部)

■あなたの人生は「数」に支配されている?

――本書を読んでいて、昔から親や近所の人、もしくは本の中で言われていることに通じるものがありました。

中井:そうですね。親の言うことに無駄はありません。それに上手くいっている人の習慣は実は共通していますから、それを習慣化して実践すれば性格も変わります。生まれ持った気質は変わりませんが、表出する性格は変えることができますから。

――中井さんが「お清め」を習慣化した中で変わってきたことがありますか?

中井:もともと私はすごく取り越し苦労する人間だったんです。特に私はフリーランスなので、翌月の予定が入っていないということが普通にあるんです。でも、神道の勉強をはじめてから、その考え方に対する気持ちが変わったんですね。
というのも、神道には「中今」という考え方があります。過去も未来もない、この「今」がずっと連続しているという意味で、今をしっかりと生きていれば、翌月に予定が入っていなくても、近づいていくとだんだんと予定が埋まっていくんです。「今」を生きることで、神様とつながることができていると思います。

――中井さんの元にはたくさんの方がご相談に訪れると思うのですが、どのような悩みを持たれているのですか?

中井:家族のことやご自身のことをはじめ、経営者が経営について相談をしてくることもあります。また、深刻なものとしては霊障で苦しんでいる人もいます。
そうした多くの方々は頑張っているけれどなかなか報われないという傾向があります。これ以上にないくらい努力をしているのに、上手くいかない。10をやってもリターンが1、2くらいしかなく、八方塞がりの状態なんです。そういう人たちの塞がっている部分を全部とってあげるのです。

――塞がっている部分とは具体的にどういったものですか?

中井:今までお話してきた習慣的な部分ですとか、風水もそうですね。見えないエネルギーが邪魔をしているんです。
そのエネルギーが「数」です。私は数霊術を勉強しているのですが、古神道では数が全てを支配するという考えがあります。ただ、どんなものでも相性があるように数にも相性があります。それが本書の最後に書いているのですが、その人を破壊する数というものがあるんです。

――どういった部分での数が邪魔をするのですか?

中井:それはいろいろありますよね。例えば住んでいる場所の番地番号とか、暗証番号に使ってしまったりとか、好きな番号でよく使っているものがその人にとっての破壊数になることがあるんです。

――それで人間の相性も分かるわけですね。

中井:そうですね。誕生日からその人の運命数を出すことがでますから、その数によって相性を導き出すことができます。

――私たちにとって「運」とはどういうものなのでしょうか。

中井:“目に見えない法則”でしょうか。「運」は偶然性が高いものだと思われがちですが、そうではありません。人は過去世の影響によって、生まれるときにどのような人生になるのか決まっているんですね。非常に大雑把に決まっていることが多いのですが、必ず良いことも、悪いことも経験するようになっています。
ただ、どうにも「運」が悪い人っていますよね。そういう人は実は過去世の業が重いのです。それを消化しながら、徳を積んで運の幅を上げていかなければいけません。

――徳を積み上げるというのは善い行いをするということですか。

中井:陰徳、つまり見えないところで行う徳ですね。例えば神社でお賽銭をケチらないとか、そういうところです。ケチケチする心はちゃんと神様に見抜かれていますよ。
そういう風にして徳を積み上げていくんです。

――本書をどのような方に読んでほしいとお考えですか?

中井:一生懸命頑張っているけれど、上手くいかない人ですね。100%の努力をしているのに報われない人。本当に、タダでいいからこの本を渡して読んでほしいです。

――では最後に、読者のみなさまにメッセージをお願いできればと思います。

中井:「お清め」の本と聞くと、きれいにしておけばいいんでしょうと思われるかもしれないけれど、そうではなくて「祓い」からきているということをちゃんと知ってほしいと思います。そして、「お清め」のステージをどんどん上げていってほしい。だから「すごい」という言葉をタイトルにつけたんです。

――なるほど。

中井:自分が今やっていることが、自分の人生を引っ張っていくんです。それを理解するだけでも、人生は変わっていくと思います。知らないうちに、自分の運気を下げる行動をやっているんです。それは必ずみんな何かしらしています。それに一つでも気付いてもらえれば嬉しいですね。

――まさに「中今」ですね。

中井:そうですね。今を変えないとずっとこのままですから。「お清め」で悩みの質を変えていってほしいです。

(了)


(新刊JP)記事関連リンク
パワースポットに行っても運気が上がらないのはどうして?(インタビュー前編)
今すぐやめるべき あなたの運気が下がってしまう習慣3つ
金運を下げる?トイレでのNG行動4つ

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。