ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ムリめな相手をデートに誘い出せる方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫
914481_55843677-500x375

出会いの季節。
気になる異性を誘って、デートしたいですね!

とはいえ、「断られたらどうしよう…」なんて不安もあるでしょう。

今日は、かなり話題となった本『伝え方が9割』から、ムリめな相手をデートに誘い出せる方法を紹介します。
ちょっとした伝え方で、相手をデートに誘い出せる確率がグッとアップするんです!

あなたなら、どっちの誘い方?

新しいバイト先に、とても可愛い子がいた!
なんとか二人きりで遊びに行きたい!

そんなとき、あなたはどんなふうに誘いますか?
LINEで、
「デートしようよ」
「今度、遊びに行かない?」

と誘うのではないでしょうか。

相手があなたに好意を持っていればこれでもOK。
しかしそうでない場合は「ゴメンナサイ」と断られておしまいですね。

では、どう誘えばよいのか。
「伝え方」が大事なんです。
「驚くほど美味いパスタ屋あるんだけど、どう?」

これで、成功率はグッと上がるはずです。

この2つ、何が違うかわかりますか?
A)「今度、遊びに行かない?」
B)「驚くほど美味いパスタ屋あるんだけど、どう?」

「相手のメリット」を考えよう

Aは、自分の気持ちを押し付けていますが、Bは相手の気持ちを考えているのです。
パスタが好きな女性なら、「驚くほど美味しいパスタ」が気になるはず。
「え、どんなお店?」
「行ってみたい!」

と反応してくるでしょう。

相手の好きなこと・関心のあることを事前に調べておけば、相手が喜ぶ誘い方ができますね。
相手がAKB好きなら、「AKBのチケットあるんだけど、一緒にどう?」(事前にチケットを手に入れておく)。
相手が「新しいパソコンを買いたいけどよく分からない」と言っていたなら、「パソコンに詳しいから、一緒に見に行こうか?」。

自分の思ったことをストレートに伝えるのではなく、相手の頭の中を想像し、「相手のメリット」を考えて伝えることができれば、きっとデートに誘い出すことに成功しますよ!

『伝え方が9割』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478017212/

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:ホラノコウスケ 企画:ガジェット通信

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。