ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三重の田舎に超有名な美術品が多数展示されている件

DATE:
  • ガジェット通信を≫


カフェで、GWの計画を立てているカップルを見かけました。
あなたもそろそろGWの予定、決めましたか?

名古屋からも大阪からも、車で2時間かからずに行ける超穴場スポットを紹介します。
三重県津市の「ルーブル彫刻美術館」です。
http://www.louvre-m.com/


本家ルーブル美術館の展示彫刻作品の実物から直接型を取り、実物と寸分たがわぬ姿で完成させた彫刻が並んでいる、とのこと。スゴイ!


入り口前にはいきなり、美術の教科書で見たことのある「サモトラケのニケ」像、「ミロのビーナス」像、「自由の女神」が並んでいます。


しかしこれ、実物よりはるかに大きく、ド迫力!写真を撮りたくなること間違いなし!


中に入るといきなり「ツタンカーメン」が。本家ルーブル美術館にはない美術品も見られるのが、ここの魅力!


「サモトラケのニケ」を巨大な「千手観音」が拝んでいる様子なんて、世界中を探してもきっとここでしか見られないぞ!

他にも多数展示されている美術品をゆっくり鑑賞できるほか、お隣の大観音寺も他にない独特の雰囲気で面白いので、お友達や恋人を誘って行ってみては?
■ルーブル彫刻美術館
住所:三重県津市白山町(近鉄榊原温泉口駅前)
TEL:059-262-1111
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)/年中無休
http://www.louvre-m.com/

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:ホラノコウスケ 企画:ガジェット通信

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。