ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Bowline 2015 東北シリーズの最終日に箭内道彦がシークレットアクトで登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BRAHMANをキュレーターに迎え、東北3会場を経て新木場STUDIO COASTの計4会場をツアー形式でまわる今回のBowline 2015。東北シリーズの最終日は石巻 BLUE RESISTANCEだ。

この日の出演はBRAHMANと怒髪天の発表だったが、開演時間になりフロアの明かりが消えるとステージにはクリエイティブディレクターの箭内道彦が登場。宮古での猪狩秀平(HEY-SMITH)、南相馬での花男(太陽族)に続き、ここ石巻でもシークレットアクトの登場。予想をしていなかったオーディエンスはどよめきと歓声をあげ、迎え入れる。

「TOSHI-LOWから電話掛かってきて、弾き語りやれって言われて。誰にも頼らず1人でやれって」「1度もやったことないし、今日やったらもうやらない。人生で最初で最後の弾き語りを石巻でやれることを…受け止めます」と1人での弾き語りを恐縮気味に語る。

しかし、冒頭は歌ではなく「BRAHMANと怒髪天にまつわる僕の仕事」と題して、自身の手がけたCMをプロジェクターで上映するというプログラム。TOSHI-LOWがナレーションを務めた化粧品のCMや、東北ライブハウス大作戦のムービーに、笑いと拍手が起こる。「ホントはこれで帰りたいけど」と言いつつ、自身の出身地・福島について歌った2曲を披露。緊張した面持ちだったが、震災前に作ったという故郷を想う気持ちを歌う姿に、暖かい拍手が石巻の会場に広がった。

おなじみのSEとオーディエンスの手拍子とともに怒髪天のメンバーが登場。「飲め、飲め、飲め、飲め!飲めー!」シャウトと共に、「酒燃料爆進曲」でライブスタート。のっけから遠慮なく飛ばす(クシも投げ飛ばす!)増子直純に、フロアは手を挙げ応える。「はじめまして、石巻!怒髪天です!いいハコだねぇ」意外にも石巻BLUE RESISTACEは初のライブとなる怒髪天。増子とメンバーの軽快なトークで、フロアには笑いと拍手が沸き起こる。「他の会場は、SiMだったりAA=だったりということで・・(今日は)ご愁傷様でした」なんて言いつつも、4人はアグレッシヴな熱いパフォーマンスでフロアを煽っていく。

後半ロックバラード「ひともしごろ」〜「ド真ん中節」では、力強い円熟の演奏に、オーディエンスはじっとステージを見つめながら、拳を上げていた。ラストは、5月13日に発売される酒の歌のみで構成されたコンピレーションアルバム「怒髪天 酒唄傑作選〜オヤジだョ!全員酒豪〜」から、先行でPVを公開した新曲「宜しく候」で終了。酒に始まり酒で終わる、拳と汗と笑顔が溢れた怒髪天らしいステージだった。

オープニングSEが流ると、歓声とともにこの日の寒さを忘れるほど会場は熱気が増す。BRAHMANメンバーがステージへ登場し1曲目が始まると同時に、フロアは何かが破裂したかのようなダイヴの嵐に。

たちまち目の前の視界が人、人、人で埋まり、4人の姿が見えなくなるほどだった。TOSHI-LOWは天井を突き破るような勢いでマイクをスタンドごと激しく振り上げ、何度もフロアに身を乗り出し突っ込みながら歌う。序盤から4人はノンストップで演奏し続け熱を帯び加速度的にアクトが激しくなっていくと、フロアは天井に届かんばかりに幾重にも人が人の上を行き交い狂乱状態に。

そしてライブ中盤で見せた、何人かの観客の手を取りマイクを握らせ歌う姿は、バンドとオーディエンスの繋がりを象徴するような光景だった。TOSHI-LOWがオーディエンスの中へダイヴすると、絶叫とともに天井や壁を叩きながら突き進み、フロアの壁を埋め尽くす木札をぐるりと指さし、取り囲むオーディエンスの手を叩く。

この日もノンストップで駆け抜けたBRAHMAN。いよいよ次は今回のBowlineラストとなる新木場STUDIO COASTだ。これまで東北3会場に出演したアーティストから更にプラスされ、一体フロアはどんな状態にとなってしまうのか、楽しみでしかない。

怒髪天 セットリスト
1.酒燃料爆進曲
2.押忍讃歌
3.ビール・オア・ダイ
4.人生○×絵かきうた
5.己 DANCE
6.濁声交響曲
7.ひともしごろ
8.ド真ん中節
9.宜しく候

撮影:三吉ツカサ

関連リンク

Bowlinehttp://www.bowlinelive.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP