ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「あ」という名字の人と「ん」で始まる名字の人は存在するか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 もし「あ」という名字の人がいれば、どんなメンツになっても出席番号「1」は確実。しかし、姓氏研究家の森岡浩氏によれば、これは存在しない名字なのだという。

「私の調べた限り、日本人の名字として“あ”は存在しません。漢字で『阿』と書く名字はあるが、“おか”とか“ほとり”と読みます」

 では、実際に最初になる名字は何なのだろうか。

「“あい”さんでしょう。漢字で書くと『阿井』が一番多く、他にも『藍』『相』『愛』などいくつかの種類が存在します」

 では反対に、出席簿の最後になる名字は?

「よく“ん”で始まる名字を教えてという問い合わせがある。ネット上では『兼坂』と書いて“んねさか”と読むなど、いくつかの名字が紹介されているが、これはウソ。実際には“ん”から始まる日本の名字は実在しない」

 実在する“最後の名字”は、千葉県にある「分目」さん。

「“わんめ”と読む難読名字。千葉県市原市周辺を発祥とするもので、地名が由来です」

※週刊ポスト2014年1月17 日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本で一番長い名字は漢字5文字のもの 一番短い名は1文字
「東京」という名字の人は実在 4つの都道府県名の人は不在
中国・韓国の名字「李」 両国合わせて世界に1億人存在する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP