ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本で一番長い名字は漢字5文字のもの 一番短い名は1文字

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 難読姓事典には「十二月三十一日」と書いて“ひづめ”と読ませるものなどが掲載されているが、これは実在しない。姓氏研究家の森岡浩氏によると、日本で最も長い名字は5文字だという。

「6文字以上の名字を紹介している書籍もあるが、これは実在するか確認されていないので、私は“幽霊名字”と呼んでいます。実在する名字での最長は漢字5文字。しかも5文字の名字は2つしかありません」(森岡氏。以下、「」内同)

 それは「左衛門三郎」と書いて“さえもんさぶろう”、「勘解由小路」と書いて“かでのこうじ”と読む2つだけ。

「『左衛門三郎』は埼玉県発祥で、左衛門府に仕えていた三郎の子孫という意味だと考えられます。『勘解由小路』は藤原北家末裔の公家で、京都の地名にちなんで分家創設された。作家・武者小路実篤の母が『勘解由小路』の出です」

 また、ひらがなにして一番長いものは8文字の名字で、「大正寺谷(だいしょうじたに)」「東坊城(ひがしぼうじょう)」「南坊城(みなみぼうじょう)」「東三条(ひがしさんじょう)」「東四柳(ひがしよつやなぎ)」「東上別府(とうじょうべっぷ)」などがある。

 反対に一番短い名字は、当然、漢字1文字となり、「林」「森」「谷」などポピュラーなものが多く存在する。では、読みでも1文字というのは……。

「『井』『伊』『尾』『喜』『都』『何(が)』『田』『津』などがある。歴史的に有名なのは古代豪族が名乗っていた『紀』ですが、最も多いのは『井』さん。熊本県の阿蘇地方に多く、産山村では村で一番多い名字となっています」

※週刊ポスト2014年1月17 日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「あ」という名字の人と「ん」で始まる名字の人は存在するか
名字の「東」「西」「南」「北」 「北」だけが少ない理由
日本プロ野球史上最も長い13字のユニフォームネーム持つ選手

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP