ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スッキリ快適生活へ! トランクルーム活用で家賃を抑える?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

引越しを終えて、ようやく新居に落ち着いたという人も多いであろうこの時期。広めの部屋を選んだはずなのに、なんだか手狭……。そう頭を抱えている人もいるのではないか。それはもしかしたら、スペースの割に荷物が多すぎるからかも?

セキュリティや補償もしっかりしたトランクルームサービスが増加中

必需品ではないけど、どうしても捨てきれない……そんなものたちをどうにかしたいという時に活用したいのが「トランクルーム」だ。今からおよそ40年前にアメリカで生まれた、個人の物品を収納するトランクルームというサービス。日本ではそれほど浸透していないものの、アメリカでは10世帯に1世帯はトランクルームを利用しているといわれるサービスなのだ。

「収納スペースにお金をかけるのはもったいない!」と思う人もいると思う。しかし、まず考えてもらいたいのが、使わないものを置いている場所にかかっている費用だ。じつは、普段使わないものを置いていると、それだけで家賃がムダになってしまっていることもある。

というのも、家賃10万円でリビングダイニングが8畳の部屋に住んでいるとして、0.5畳が普段使わないものに占められているとする。その場合、月々6,250円もそのスペースに支払っていることになるのだ。一方、都内のトランクルームであれば、エリアにもよるが0.5畳で約3,000円から借りることができる。また、ものを置いていたスペースは必要なかったということも考えられるので、より狭い場所に住んで家賃を減らすのもアリというわけだ。

トランクルームを借りるためには、事前の契約が必要。書類を提出後、事前確認を経て大体3営業日ほどで荷物を預けることができる。最近は、清潔感のあるきれいなビルのなかにある24時間対応のトランクルームも増えている。

じつは狭いと思っていた部屋もものを減らせばもっと広々暮らせるはず。せっかくの部屋にムダなスペースを増やさないためにも、トランクルームを利用するのも手かも?

(佐藤陽子+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP