ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

凛として時雨 2年ぶりワンマンツアー終結、TKの初ビルボードライブなどソロ活動なども続々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月5日にZepp DiverCity TOKYOにて凛として時雨 2年ぶりのワンマンツアー【Hyper Tornado Tour 2015】の最終公演が行われ、夏にTK(vo,g)が開催するビルボードライブツアーをはじめ各メンバーの今後の活動が発表された。

各メンバーのソロカットなど計5枚

 2015年は初のベスト盤『Best of Tornado』とシングル『Who What Who What』を同時リリースし、2月より【Hyper Tornado Tour 2015】で全国各地を巡ってきた彼ら。今回のステージでは、劇場アニメ『劇場版PSYCHO-PASS サイコパス』主題歌に起用されている「Who What Who What」にはじまり、インディーズ時代から現在にいたるまでの間に、凛として時雨が発表してシーンに衝撃を与えてきた楽曲が次々に披露されていく圧巻のセットリストになっていた。

 また、終盤にはステージ上にピエール中野(dr)がひとり残り、超絶ドラムソロや以前にYouTubeで話題を呼んだベスト盤収録曲をカラオケで歌う動画を再現するように「テレキャスターの真実」を歌い上げたり、コール&レスポンスを行ったりと、彼ならではのパフォーマンスで会場を盛り上げる。そしてTKと345(vo,b)がステージに戻ると「abnormalize」、「Telecastic fake show」などアグレッシブなサウンドを畳み掛け、この日一番の熱狂へ。そして345によるほほえましいグッズ紹介なども交えながら、初期からの名曲「傍観」でライブは幕を下ろした。

 なお、今後はメンバー個々の活動がアナウンスされており、TKは7月に東京と大阪のBillboard Liveにてソロライブ公演を開催し、345はgeek sleep sheepのメンバーとして5月にニューアルバム『candy』をリリース。ピエール中野は大森靖子 全国ツアーへのサポートドラム出演や各地のフェス出演を経て、6月7日にTOKYO DOME CITY HALLにて【レコメンダー presents 春日組魂2015“ピエールフェス2015”】を開催する予定だ。

撮影:河本悠貴

◎凛として時雨 ワンマンツアー【Hyper Tornado Tour 2015】
2015/04/05(日) at Zepp DiverCity TOKYO
セットリスト:
01.Who What Who What
02.I was music
03.鮮やかな殺人
04.想像のSecurity
05.DISCO FLIGHT
06.Enigmatic Feeling
07.Beautiful Circus
08.JPOP Xfile
09.nakano kill you
10.illusion is mine
11.Acoustic
12.Missing ling
13.abnormalize
14.Telecastic fake show
15.感覚UFO
16.傍観

◎TK ライブ情報
【Billboard Live TOKYO & OSAKA (TKライブ)】
7月18日(土) Billboard Live TOKYO
[1st] OPEN 17:00 / START 18:00
[2nd] OPEN 20:00 / START 21:00
7月20日(月・祝) Billboard Live OSAKA
[1st] OPEN 15:30 / START 16:30
[2nd] OPEN 18:30 / START 19:30
※アコースティックセットでの出演になります。

◎geek sleep sheep アルバム『candy』
2015/05/20 RELEASE
[初回限定盤(CD+DVD)]
VIZL-815 3800円(税込)
[通常盤(CD)]
VICL-64341 2800円(税込)

◎345 ライブ情報
【geek sleep sheep ”tour geeks 2015”】
5月29日(金) 名古屋 Electric Lady Land
出演:geek sleep sheep、ヒトリエ
5月30日(土) 梅田クラブクアトロ
出演:geek sleep sheep、People In The Box
6月7日(日) 赤坂BLITZ
出演:geek sleep sheep、ストレイテナー

◎ピエール中野 ライブ情報
【レコメンダー presents 春日組魂2015“ピエールフェス2015”】
6月7日(日) TOKYODOME CITY HALL
出演:大森靖子、(G.直枝政広(カーネーション)、G.畠山健嗣(H MOUNTAINS)、B.tatsu(LA-PPISCH)、key.奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)、Dr.ピエール中野(凛として時雨))、清 竜人25、神聖かまってちゃん
DJ:石毛&ノブ(the telephones)、ピエール中野(凛として時雨)、and more

関連記事リンク(外部サイト)

TK(凛として時雨) 7月に初のビルボードライブ公演を開催
miwa、『オールナイトニッポン』一夜限りの復活決定
AAA、初のアジアツアーがソールドアウトのシンガポールからスタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP