ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

皇太子一家のスキー旅行 「遊び」と「公務」の落差に批判も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東宮一家は3月23日から4泊5日の日程で長野県の奥志賀スキー場でスキー旅行を楽しんだ。10年前からほぼ毎年の恒例となっている旅行である。笑顔のうちに終了した旅行だが、その一方で宮内庁関係者の表情は晴れない。

「雅子さまや愛子さまがリフレッシュされてお元気になられるのは喜ばしいことだが、今年は特に間が悪かった。批判の声が大きくなることは致し方ないかもしれない」

 宮内庁関係者が懸念しているのは、雅子妃の皇室行事への復帰が必ずしも順調ではないことだ。東宮一家が長野から帰京した翌日、3月28日の出来事だった。

 この日の昼、来日中のデンマークのフレデリック皇太子夫妻が皇居・御所で開かれた昼餐会に招かれた。天皇は風邪による体調不良が伝えられる中、皇后とともに御所の車寄せに姿を見せて笑顔でフレデリック皇太子夫妻を出迎えた。

 しかしその晩、皇太子主催の晩餐会に出席するため東宮御所を訪れたフレデリック皇太子夫妻を出迎える皇太子の隣に、雅子妃の姿はなかった。全国紙皇室担当記者が内情を明かす。

「フレデリック皇太子夫妻の到着時、雅子さまは御所の部屋の中におられたそうで外に出ていらっしゃいませんでした。理由は明らかにされなかったので、ご夫妻の姿を収めようとした記者の間では“何があったのか”と騒然となりました。

 その一方でご自身がメニューを考案されたという晩餐会には出席されているというので、“単にお姿を報道陣に撮影されたくなかったのでは”という声も上がっていました」

 この件については、東宮職関係者も懸念している。

「ゲレンデには立ってもカメラの前には姿を現わさないということでは、『遊び』と『公務』の落差に批判の声が高まりかねない」

 さかのぼること2か月前の2月6日、「第60回青少年読書感想文全国コンクール」の表彰式に皇太子が出席した際も雅子妃の姿はなかった。

 当日、小町恭士・東宮大夫は欠席の理由について「雅子さまにご出席の気持ちはあったが、週2回の公務は厳しいと医師が判断した」と説明している。週2回の公務がこなせない状態で4泊5日のスキー旅行を満喫し、リフレッシュしたはずなのに海外からの来賓を出迎えることすら十分にできないとなれば、東宮職関係者が心配するのも仕方ないところかもしれない。

 東宮一家のスキー旅行は例年のように物議を醸してきた。奥志賀スキー静養が始まったのは2005年。2004年に雅子妃の適応障害が発表された直後だっただけに、笑顔でスキーを楽しむ雅子妃と愛子内親王の姿に国民は胸を撫で下ろした。

 ところが、スキー直後に雅子妃がスペシャルオリンピックスの視察予定をキャンセルしたため、「笑顔でスキーはできても公務はできないのか」との批判が強まった。

 以降、愛子内親王の小学校不登校問題の最中(2010年)や天皇・皇后の伊勢神宮参拝時(2013年)など、例年タイミングの悪さが指摘され、一家に批判が向けられた。今回もやはり因縁のスキー旅行となってしまったのである。

※週刊ポスト2015年4月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
果たしてお幸せだったのか? 雅子妃に迫るノンフィクション
宮内庁職員「皇太子殿下は3.11に被災地に赴いてもよかった」
皇太子一家恒例の奥志賀スキー旅行 宮内庁内部で波紋広がる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP