体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

格安スマホ利用したい人は36.8%!見えてきたみんなの本音

格安スマホ利用したい人は36.8%!見えてきたみんなの本音3月30日、MMD研究所の「格安スマホに関する意識調査」が発表されました。
これによると、格安スマホの利用意向は36.8%、購入しない理由は「今の携帯会社が安心だから」が56.8%と最も多いという結果になりました。
本調査は、16歳以上のスマートフォン・携帯電話を所持ししている男女1,670名を対象に実施され、調査期間は2015年3月13日から16日まで。この調査結果を元に、格安スマホの現状や今後の展望について考えていきたいと思います。

「認知率9割」「利用者1割」など様々な結果が明らかに
まずは「格安スマホを知っているか?」という質問。

格安スマホ利用したい人は36.8%!見えてきたみんなの本音

 

「知らない」と解答したのはわずか9.8%で、残りの90.2%の方が「認知している」と言えます。

「知っており、詳しく説明ができる」20.1%、「知っているが、あまり説明はできない」が38%、「名前は知っているが、内容は知らない」が32.2%ですので、知っている人でもその理解度には大きな開きがあることが分かります。

続いては、格安スマホの利用率。

格安スマホ利用したい人は36.8%!見えてきたみんなの本音

 

「利用している」が10.9%で、約9割の方は使っていないという状況です。

競争の激化、テレビCMや広告などで認知率は圧巻の9割でしたが、実際に理解している人が約6割、詳しく説明できる人が2割、実際に使用している人が1割と「認知」から「契約」までの高い壁を感じる結果となりました。

ポイントは、38%の「知っているが、あまり説明はできない」人を「知っており、詳しく説明ができる」という項目まで引き上げることができれば、口コミなどで全体的な理解度は深まるのではないでしょうか。

 

格安スマホのシェア1位は「OCN モバイル ONE」、利用者の8割が料金の安さを重視
続いては、格安スマホ利用者(全体の10.9%)を対象とした設問を見ていきます。

利用している格安スマホ会社は上位から「OCN モバイル ONE」30.8%、「IIJmio」26.9%、「楽天モバイル」15.9%、「BIGLOBE LTE・3G」12.1%、「イオンモバイル」11.5%となっており、全てドコモの電波を使用した格安スマホ会社となりました。

また、上位3社のシェアを合計すると73.6%となり、強すぎる印象も持ちました。

格安スマホ利用したい人は36.8%!見えてきたみんなの本音

 

格安スマホを選ぶ際に重視したポイント(複数回答可)は、「月額料金の安さ」が81.3%とかなり多く、「通信速度の速さ(LTE対応の有無)」42.3%、「通話プランがあること」28%、「最低利用期間が短いこと」20.3%、「料金プランの豊富さ」19.8%と続きます。

特に選択が多い上2つの項目は「安く使いたいけど、通信速度は速い方がいい」という一見すると矛盾するようなユーザーの要望がキッチリ出た結果ではないでしょうか。

 

格安スマホ利用したい人は36.8%!見えてきたみんなの本音

また購入時の不安については、「契約がわかりにくそう」が26.4%、「乗り換えがめんどくさそう」24.2%、「サポートがよく無さそう」21.4%、「自分がどれくらいのデータ容量を使うかわからない」18.7%と続く反面、「不安に思った点はない」も22%でした。

 

「格安スマホ利用したい」36.8%、「2015年内の購入」11.9%
現在格安スマホを利用していない人への設問。

 

格安スマホ利用したい人は36.8%!見えてきたみんなの本音

 

格安スマホの利用意向は「とても利用したいと思う」10.9%、「やや利用したいと思う」25.9%と合わせて36.8%。

1 2次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy