ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で共感!“仲良すぎ”なカササギと少年の写真がほっこりする

DATE:
  • ガジェット通信を≫

動物と人間が愛情を育み、家族のように一緒に時間を過ごしている写真は、見ている私たちを温かい気持ちにしてくれるもの。

そうした“仲良し写真”は犬や猫なら珍しいものではないが、例えばそれが鳥の場合、人間と深い関係を築くのは非常にまれだという。

そんな常識を覆し、世界中で注目を集めているのが、オーストラリアのフォトグラファーCameron Bloomさんが撮影した、カササギと家族の親密な写真の数々だ。

2013年に、家の近所で親を亡くした赤ちゃんのカササギを見つけたBloomさん家族。

獣医に相談した後、自分たちで育てることを決め、”Penguin”と名付けた。

それから1年、Penguinは家族と強い絆で結ばれ、大空を自由に飛び回るよりも、家で過ごすことを好んでいると思われるほどなんだとか。

また、ときには、外から戻ると別のカササギを連れてきて、一緒に家の中に入ってくることもあるようだ。

BloomさんはPenguinと家族、とくに息子のNoahくんとの親しい様子を写真に収め、Instagramにアップ。多くのフォロワーから共感と感動を呼んでいる。

動物好きの人は、愛らしいPenguinとNoahくんの写真をぜひ確かめてみて。

Instagram
https://instagram.com/penguinthemagpie/

写真(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP