ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

研究者「1日150gのホウレン草やケールを食べるだけで脳は11才も若返る」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
yasai

「緑黄色野菜で脳がガツンと若返る!」って研究(英文)がおもしろいのでメモ。これはラッシュ大学の実験で、954人のご老人(平均81才)たちの食習慣と認知機能の変化を5年にわたって調べたもの。

・11才も認知機能が高かった
ある種の緑黄色野菜を食べる量が多い人は、野菜不足の人にくらべて11才も認知機能が高かったとか。研究者たちが脳の若返りに効く野菜としてあげているのは、

ホウレン草
ケール
芽キャベツ
ニンジン
スクマイキ
からし菜
アスパラガス

・ベータカロチンや葉酸が脳に効く?
いずれの野菜も、ビタミンK、ベータカロチン、葉酸、またはルテインのどれかが入っているのがポイント。ベータカロチンや葉酸が脳に効くって話は昔からあったものの、ビタミンKと認知機能の関係があきらかになったのは初めてだそうな。

・簡単に達成できるライン
1日の摂取量としては、だいたい150~450グラムぐらいが目安。これぐらいなら、ちょっと茹でれば簡単に達成できるラインですね。

・緑黄色野菜は最強というお話
研究者いわく、「年齢とともに記憶や認知機能がおとろえるのは、もっとも大きな恐怖の1つだろう。認知機能の低下はアルツハイマーや痴呆の重大要素。それが緑黄色野菜を食べるだけで防げるのは、非常に手軽でいいし、コストパフォーマンスも高く、体へのダメージもない」ということで、やっぱり緑黄色野菜は最強というお話でした。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp
もっと詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/04/06/horenso/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。